アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説します。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方もお伝えしますよ♫

秋に聴きたい【おすすめクラシック15選】

【ハロウィンっぽい!!】クラシック音楽17選

管弦楽曲

モーツァルト:ハフナーセレナード【解説と名盤3選の感想】

気高き ハフナー家! 音の花、舞う♫ ハフナー家の令嬢エリザベートの結婚を祝おう 流れるモーツァルトが送る底抜けに明るい名曲セレナード ハフナー家の娘マリア・エリザベートの婚礼の前夜祝宴のために作曲されました

ドビュッシー:名曲おすすめ17選【ピアノと管弦楽など】ランキング

音楽の印象派 甘くゆるやか あふれる詩情 ふわり、浮かんで 優しくて… もやっと、おぼろげ、 浮かぶ、音… けれども、その色、 こまやかで… けれども、その色、 彩りゆたか… 音楽の印象派と言われるドビュッシーの名曲をピアノ曲とその他に分けて、ランキング…

ドビュッシー:小組曲【解説と名盤3選の感想】

小舟が揺れて ハープは歌う 和やか組曲 詩人ベルレーヌの詩(うた)が、ドビュッシーの印象的な音楽に姿を変えた

ドビュッシー:交響詩《海》【解説と名盤3選と感想】ジャポニスム芸術、花開く名曲

北斎の衝撃 天よりくだる インスピレーション 「音楽家になれなかったら船乗りになっていただろう…」 そんな言葉が残っているくらい海が大好きだったドビュッシー 激動期のドビュッシーが作曲した「たゆたう海」を描いた傑作交響詩

チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲【解説と名盤3選】

・う、美しい! ・なのに残念エピソード ・名曲!ほぼチェロ協奏曲 チャイコフスキー作曲のチェロ協奏曲の名曲…いえいえ、違います 古今東西のチェロ協奏曲と肩を並べるほどの美しい旋律 いわば「ほぼチェロ協奏曲」

チャイコフスキー:人気曲を総まとめ!【おすすめ曲17選|特徴も解説】ロシア的憂愁と華麗さが魅力!

・美しく華やか! ・そして、切なく、 ・メランコリック それが、チャイコフスキーの音楽の特徴 さて、今回はチャイコフスキー作曲の名曲ばかりを17曲まとめてみました お楽しみしただけたならうれしいです

チャイコフスキー:3大バレエ音楽【有名な曲だけ紹介!】白鳥の湖|眠れる森の美女|くるみ割り人形

・白鳥は舞い ・美女は眠り… ・くるみ割り人形は大活躍! さて、今回は、チャイコフスキーの有名な3大バレエ 白鳥の湖 眠りの森の美女 くるみ割り人形 の誰でも一度は聴いたことのある曲をまとめて紹介!

チャイコフスキー:ロメオとジュリエット【解説と名盤3選|感想とあらすじ】あまりにも美しき「悲劇物語」の音楽化!

・美しくも幻想的 ・シェイクスピアの物語 ・チャイコが華麗に音楽化! 憂う気持ち、これほどまでに… 若くして、この悲しき恋心これほどまでに… 「チャイコフスキー最初の傑作」とも言われる注目作!

ガーシュウィン:パリのアメリカ人【解説と名盤3選|あらすじと感想】キラリ!華々しいパリを歩こう

そびえるエッフェル塔 水面ひかる セーヌ川が見渡せる! プップウウウ〜♫ タクシーのクラクション! 人々が笑い、華やぐ喧騒!! パリをゆく、作曲家ガーシュウィン これぞ音楽紀行文!! 底抜けに明るくて楽しい1曲

ラヴェル【美しいアダージョ曲5選】透明感のある旋律の魔法を聴こうよ!

無垢な清らかと 透明感のある美しさ それが、ラヴェルのアダージョ曲の特徴 忙しい毎日の中で「本当の心」を失いそう… そんなあなたに聴く(効く)ラヴェルの美しいアダージョ曲

チャイコフスキー:バレエ音楽《白鳥の湖》【あらすじ解説と名盤3選|感想】王子の誓い!おとぎの国の物語

・オデット姫を救え! ・暗躍するブラック・スワン! おとぎの国のバレエ音楽 姫を救うべく立ち上がる王子! そう、素朴なおとぎ話 ああ、それなのに「素朴なハッピーエンド」をぶち壊す! ブラックスワンの魔の手が忍び寄る!!

ラヴェル:クープランの墓【解説と名盤5選|感想】

戦没者に捧ぐ… 友を偲んで、 ゆれるピアノ♫ 失意のラヴェル 失った 友… 母… 従軍への希望 そんなツライ心境からつむがれた「惜別と哀悼の想いの結晶化…」 さて、今回は、ラヴェル《クープランの墓》の解説とおすすめ名盤を紹介です

R.シュトラウス:《死と変容(浄化)》【解説と名盤3選の感想】

「死」の悲しみ… 始まる「変容」… そして、「浄化」を体感す! 生死をさまよう芸術家のストーリー、 生への執着 あらがえぬ運命の「死」 そして「変容」…からの…、 浄化…。

チャイコフスキー:スラヴ行進曲【解説と名盤3選|感想】

スラヴ民族を救え! 熱い!! あまりにも熱い名曲♫ 「ウラー(万歳)!」 初演時、まっさきに起こる、聴衆による歓喜の叫び!! ロシア人として、チャイコフスキーのスラヴ民族としての誇りが大爆発を起こす!!

チャイコフスキー:フランチェスカ・ダ・リミニ【解説と名盤3選|感想】

ダンテの名作《神曲》! チャイコフスキーが描く 壮絶な地獄の音世界♫ そして、葛藤!! 悲しくも、切ない…なのに美しい! 今回は、チャイコフスキーのエキセントリックな魅力! 《フランチェスカ・ダ・リミニ》紹介

ボロディン:中央アジアの草原にて【解説と名盤2選|感想】

カッポコ!カッポコ! 進むよキャバン 悠々と…♫ 中央アジアの単調な砂漠の静けさ 平和そのもののロシアの歌 東洋風のさびしげな旋律 草原のキャラバンの様子を描いた#中央アジアの草原にて 紹介です

ヤナーチェク:シンフォニエッタ【解説と名盤3選】精神的な美、歓喜、勇気!!

叫ぶ! 軍楽隊のファンファーレ♫ その着想、いただき!! ヤナーチェク72歳… 老いらくの恋の情熱… 燃える! 自由な発想!!! 解説とおすすめ名盤を紹介です

チャイコフスキー:バレエ音楽《眠れる森の美女》【解説とあらすじ|感想と名盤3選】

姫の100年の眠り… さあ、目を覚まそう! おとぎの国のバレエ音楽♫ フランスの素朴なおとぎ話《眠れる森の美女》との出会い。 「長靴をはいた猫」「赤ずきんちゃん」も踊りだしちゃう名曲♫

ヘンデル:水上の音楽【解説と名盤3選|感想】アラ・ホーンパイプが有名!

ヘンデル《水上の音楽》 「え?あのヘンデルがスパイ疑惑?」 イギリス国王に対して「過去の罪をお許しいただかないと…」 そんな思いから作曲家ヘンデルがイギリス国王に贈った楽曲《水上の音楽》…ですが、そのエピソードは実はウソだった…?

デュカス《魔法使いの弟子》【感想|あらすじ解説と名盤3選】魔法を使って楽しいひと時♬

デュカス: 交響詩《魔法使いの弟子》 魔法を使って 仕事をサボろう! やっちまった系な名曲♫ 「魔法の師匠はお出かけか…」 「水汲みの仕事、だっり(だる)〜…!」 「よっしゃ、ここはいっちょ魔法を使って…」 ちょっとしたイタズラがオオゴトに…。

メンデルスゾーン:真夏の夜の夢【あらすじ解説と名盤3選|感想】序曲ノリノリ♫ファンタジー!

メンデルスゾーン《真夏の夜の夢》 シェークスピアの ドタバタ物語(ファンタジー)を 音楽で楽しもう♫ 恋に恋して恋だらけ… あっちに逃げりゃ こっちが追われ あっちを追えば、逃げられる!! 題名は《「夏至」の夜の夢》じゃないの?

シェーンベルク:浄められた夜【詩の感想と2枚の名盤解説】罪と許しの耽美(たんび)な音楽

シェーンベルク《浄められた夜》 ・ひんやりと ・冷たくも宿る… ・透明な思いやり♫ そして、 深い夜… 白い月の光を集めて放つ… ゆるしのしずく… 「罪とゆるしの耽美(たんび)な1曲」 #ブログ書こ #シェーンベルク #クラシック #アルパカ #幸福 #0522

ドリーブ:バレエ音楽《コッペリア》【あらすじ解説と名盤2枚|感想】有名なワルツも明るくて楽しい!

明るい お茶目! ファンタジー!! なんて愉快なバレエ音楽! そんな名作、ドリーブ作曲の《コッペリア》♫

ドヴォルザーク:弦楽セレナード【名盤3枚の解説|感想】幸福感につつまれたあたたかい1曲

おだやかさと哀愁 豊かな感情が表現されて美しい ドヴォルザークの名曲♫ 第1楽章 さて、今回は、美しい旋律のドヴォルザークの曲のなかでもとくに光る《弦楽セレナード》です。 ドヴォルザークのもっとも幸福なころに作曲された《弦楽セレナード》はまさしく…

バーバー:弦楽のためのアダージョ【おすすめ名盤3枚の解説|感想】名作映画を飾った名曲

もっとも悲しく… そして、美しいアダージョ 映画やドラマを盛り上げる名曲♫ バーバー:弦楽のためのアダージョは映画やドラマで使われる機会が多く、またケネディ大統領の葬儀の際にも流れました。 映画で言うと、 プラトーン エレファントマン アメリ など…

ドヴォルザーク:管楽セレナード【感想と解説と名盤3枚】ほんのちょっぴりの哀愁とただようほっこり感

優しいほっこり感 あたたかい肌ざわり ひろがる田園風景がうれしい♫ ドヴォルザークのセレナードと言えば『弦楽』セレナードのほうが有名ですね。 でも『管楽』セレナードも管楽器のほっこりしたあたたかさに魅力が感じられる名曲です♫ 作曲当時、失意の底に…

モーツァルト:セレナード第10番《グラン・パルティータ》【名盤解説3枚|感想】第3楽章、アダージョの癒やし…♫

ふくよかなアダージョ… 踊るメヌエット 歌うアレグロ が美しい♫ 【解説】モーツァルト:グラン・パルティータ モーツァルト《グラン・パルティータ》の素晴らしさを伝える、こんな解説があります。 「セレナード第10番」も、モーツァルト学者のアインシュタ…

ラヴェル:スペイン狂詩曲【解説と名盤3枚|感想】熱気と情熱!!…そして、アンニュイ…

スペインに踊れ!! まぶしいばかりの 彩(いろど)り豊かな管弦楽♫ ラヴェル: スペイン狂詩曲「祭り」 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”)…

ラヴェル:ダフニスとクロエ【あらすじの解説|感想|名盤5枚】

牧歌的でおおらか… 深い青をたたえた広大な海… ギリシャの国の「素朴な恋の物語」 ラヴェル::ダフニスとクロエ 第2組曲《夜明け》 ギリシャ… 南国特有の、 午後のあたたかさ 光を放つ美しい海 ゆったりとした時の流れ そんな風景が、ありありと想像できる《…

チャイコフスキー:イタリア奇想曲【解説と3枚の名盤の感想】時には、きまぐれに繰り出そう!

憂うつな気分は この1曲で吹き飛ばそう! 次の一歩を踏み出す時に聴きたい♫ 人生の絶望期のチャイコフスキー。 イタリアの空気と風景に感動したチャイコフスキーの豊かな感性が爆発!! 名曲誕生につながりました。 そんなチャイコフスキー:イタリア奇想曲…