アルパカと聴く幸福なクラシック

幸福なひとときを与えてくれる、クラシック音楽との出会い

交響曲

ブラームス「交響曲第2番」【名盤CDと解説】耳をすまして田園の空気を感じとろう!

山の空気をたくさん吸い込みながら、見渡せば、まばゆいばかりの深い緑。私たちの目を存分に楽しませてくれますね。 「さあ、耳をすまして田園の空気を感じよう!」 ブラームス:交響曲第2番 第1楽章 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてください…

メンデルスゾーン「交響曲第4番『イタリア』」【超絶名盤も紹介!心晴れやかになれる1曲】解説

「抜けるような空の青と深みをおびた海の青が、水平線でまじわるその彼方まで、心地よい風と空気で満たしていく。そんな感じの1曲ですね。」 メンデルスゾーン: 交響曲第4番「イタリア」:第1楽章 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”…

モーツァルト 交響曲第35番『ハフナー』【お祝いで明るく盛りあがる名盤】解説

「勇壮で豪華な祝典的要素を持った」1曲です。 モーツァルト: 交響曲 第35番「ハフナー」 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインして読み進めてください”) こ…

ハイドン 交響曲第101番『時計』【10分間で時計のリズムに心、弾ませる2つの名盤を解説】

「第2楽章の『チク、タク。チク、タク。』と刻まれる時計の秒針のようなリズムからこの交響曲のことを「時計」と呼ぶことになったのですよね。」 ふだん何気なく空間をさまよう時計の針の音ですが、ふと耳をすませば、「『時』の奏でる音楽」に聴こえるかも…

シューベルト「交響曲第5番」【萌える四葉に元気をもらえる1曲、名盤解説】 

「まさしく萌えいづる若葉のイメージですね。草原の緑、泉から湧き出る透明で清冽な水。」 そんなイメージです。 日々の喧騒の中、ホッとする間もなく、降りかかる仕事に追われ、息せき切って駆け抜ける毎日。休日ともなれば、日ごろの疲れをとるべく一日中…

マーラー「交響曲第7番『夜の歌』」【寂しい夜に聴く癒やしの1曲】名盤と解説

「誰にだって寂しい夜はあるものです。そんな時には『共感してくれる人』がその寂しさを癒してくれるものです。」されども、そんな人さえ、見当たらない時に、寄り添ってくれるのが音楽というもののありがたさですね。 「これだけ頑張っているのに、上司や先…

ベートーヴェン「交響曲第6番『田園』」【心を晴れやかに変える3つの方法の解説】名盤紹介

「非常に美しく、自然が大好きなベートーヴェンらしい壮大な一曲に仕上がっていますよね」 ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチ…