アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方を解説します。

ドヴォルザーク

ドヴォルザーク:交響曲第7番【3枚の名盤の聴きどころ解説】第2楽章の内省的な響きも魅力的

内省的な気分に浸りたい時に聴きたい。 ちょっぴりセピアな チェコの民族的な響きも魅力! ドヴォルザーク:交響曲第7番「第2楽章」 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけて…

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」【名盤2枚の解説!】勇気りんりん、未来の自分からの希望の手紙

名盤解説。新世界に堂々と立つ「未来の自分」から届く手紙を握りしめ、走り出そう!いきなり勇ましくも、力強い雷が落ちるがごとき音楽が展開していきます。 これは、まるで、物語りに出てくる巨人がいきなり眠りから目を覚まし、暴れまくるイメージにも取れ…

ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲『アメリカ』【5枚の名盤を解説】機関車のリズムでワクワクしよう!

名盤解説。ハツラツとした感情と、牧歌的で包み込むような、あたたかさを合わせもつ名曲ですね。 ドヴォルザークの故郷であるチェコの壮大な風景と、このアメリカで学び、将来を夢見る黒人の若者たちの、心の歌ともいえる黒人霊歌との「佳(よ)きものの融合…