アルパカと聴く幸福なクラシック

幸福なひとときを与えてくれる、クラシック音楽との出会い

癒やし

ブラームス「交響曲第2番」【名盤CDと解説】耳をすまして田園の空気を感じとろう!

山の空気をたくさん吸い込みながら、見渡せば、まばゆいばかりの深い緑。私たちの目を存分に楽しませてくれますね。 「さあ、耳をすまして田園の空気を感じよう!」 ブラームス:交響曲第2番 第1楽章 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてください…

モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り『めでたし海の星』(晩課)」名盤CD(後編)【素朴で静かな祈りのとき】

凪いだ湖面と、かすかな風の音に耳をすませば、心のうちに眠っているこんな音楽が奏(かな)でられ始めます♬ めでたし、海の星 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピン…

モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り(晩課)」名盤CD(前編)【素朴で清らかな微笑み】

雨が止んだあとに雲のすき間に差す光のような、やさしい風景が想像できる。そんな印象のメロディの美しさですね。 聖なる母、マリア様、どうか私たちのためにお祈りください/ Ton Koopman (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhone…

グリーグ「ピアノ協奏曲」【秋の深まる時に聴く癒しの名盤】解説

【秋の深まりと、いずれ冬を迎える時期には、ぜひ聴きたい1曲です。】 なぜなら、この「ピアノ協奏曲」を作曲したグリーグは、北欧ノルウェーの作曲家ですし冒頭から「憂いを帯びた旋律が印象的だからです。」 グリーグ: ピアノ協奏曲 イ短調 第2楽章 (yout…

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ「悲愴」【感傷的な時に聴きたい癒しの1曲】名盤も解説

音楽家としては致命的ともいえる難聴。この難聴の自覚とその失意のなかで作曲された1曲がベートーヴェン ピアノ・ソナタ「悲愴」ですね。 ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第8番 「悲愴」 - 第2楽章 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね…

シューマン「トロイメライ(夢)」【童謡みたいな13曲】名盤と解説

「子供の頃に戻りたい」そんな感情を持ったことはありませんか? シューマン トロイメライ(子供の情景より) (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインして読み進…

マーラー「交響曲第7番『夜の歌』」【寂しい夜に聴く癒やしの1曲】名盤と解説

「誰にだって寂しい夜はあるものです。そんな時には『共感してくれる人』がその寂しさを癒してくれるものです。」されども、そんな人さえ、見当たらない時に、寄り添ってくれるのが音楽というもののありがたさですね。 「これだけ頑張っているのに、上司や先…

ドビュッシー「月の光」【静かな夜に癒しを得られる瞑想曲】名盤と解説

「品があって、まるで瞑想を思わせる静けさをともなった素晴らしい一曲です。『ベルガマスク組曲』は全体としても素敵な一曲ですね。」 でも、やっぱり、有名なのは第3曲目の「月の光」ですよね。 ドビュッシー: 月の光 (youtubeをポチって音楽を聴きながら…