アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説します。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方もお伝えしますよ♫

【物語のある】クラシック音楽21選

冬に聴きたい【おすすめクラシック16選】

クリスマスに聴きたい【おすすめクラシック】【定番曲15選】

癒やし

ラヴェル:ソナチネ【解説と名盤3選|感想】笑う珠(たま)嬉しく遊んで自由自在

光る、音たま つむがれる、 古典形式美♫ 転がる、コロコロ 音の珠(たま)…。。。 カラカラ笑って、遊ぶ魂(たま)

ラヴェル:クープランの墓【解説と名盤5選|感想】

戦没者に捧ぐ… 友を偲んで、 ゆれるピアノ♫ 失意のラヴェル 失った 友… 母… 従軍への希望 そんなツライ心境からつむがれた「惜別と哀悼の想いの結晶化…」 さて、今回は、ラヴェル《クープランの墓》の解説とおすすめ名盤を紹介です

バッハ:ヴァイオリン協奏曲【名盤3選|解説と感想】3曲まとめてオススメ♫

・気高く ・ほがらか! ・まるで澄んだ空のよう♫ 親しみやすいメロディがいっぱい! ワクワク楽しくなってくる!!

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番【解説と名盤3選|感想】

まるで「運命協奏曲」? クセになりそな スリリング♫ 恐い、 ハラハラ 緊張感… なのになんだか惹(ひ)きつけられる…。

バッハ:ミサ曲ロ短調【歌詞と解説|名盤3選の感想】

・その深さ底知れず ・光、荘厳(そうごん)! 「作曲のキッカケは、なんとも俗っぽい…」 しかし、終わってみれば… バッハの心の奥深くまで切り込んだ傑作へと昇華! ・神聖 ・バッハによる信仰告白 ・バッハの作品の最高峰とも

シューベルト:アルペジオーネソナタ【解説と名盤5選聴き比べ|感想】

幻の楽器 アルペジオーネが歌う セピア色した優美な魅力♫ 「死」まもない… その予感… 限りなく セピア色に覆われていく 感情… そんな日常に ぽつり、ぽつりと、 降り来たる、 美しいインスピレーション…

モーツァルト:ピアノソナタ第8(9)番【解説と名盤3選|感想】

むせび泣くには 声もなく… ただその音のひとしきり パリでの母の死… 深い悲しみ 歌う、ピアノ

サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン付き》【解説と名盤3選|感想】そのシンメトリーの美しさ!

壮大なオルガン! シンメトリーの美! 炸裂す!! 光を放つ! その見事なシンメトリーの美の極地! そう、 ・第1楽章と第2楽章 ・オルガンと管弦楽 そのシンメトリー、左右対称の美しさ

モーツァルト:弦楽四重奏曲《ハイドン・セット》【まとめと解説|名盤3選と感想】

・交響曲の「父」 ・弦楽四重奏曲の「父」 モーツァルトにとっての ・音楽上の「父」 そんなモーツァルトの「父へのリスペクトの思い」が生んだ名曲弦楽四重奏曲集《ハイドン・セット》紹介です

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲【解説と名盤3選|感想】

優美な女王 歌うヴァイオリン それは、うるわしき魔法…♫ さみしくて、悲しい…そして美しい名曲 そんなクラシック音楽にはありがちな「心の内の物語」を描いた代表的な有名曲…。

ジョスカン・デ・プレ《アヴェ・マリア》【歌詞の解説と特徴|名盤2選と感想】

静謐(せいひつ)さ 清(さや)けく、澄みわたる 天国の響き 繁栄を謳歌する、まぶしくもきらびやかな現代人の心に忍び寄る、 不安感 焦燥感 ストレス そんな苦しくもツライ毎日の中、かすかに聴こえ来る癒やしの光

モーツァルト:弦楽四重奏曲第18番【解説と名盤2選|感想】

とこしえ こんこん あふれる…泉♫ あまりにも自然で… あまりにも優しく… あまりにもモーツァルトらしい… かのベートーヴェンもこよなく愛し、《弦楽四重奏曲第18番》の第4楽章を自ら写譜しています。

ボロディン:中央アジアの草原にて【解説と名盤2選|感想】

カッポコ!カッポコ! 進むよキャバン 悠々と…♫ 中央アジアの単調な砂漠の静けさ 平和そのもののロシアの歌 東洋風のさびしげな旋律 草原のキャラバンの様子を描いた#中央アジアの草原にて 紹介です

モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番【解説と名盤2選|感想】

明るさ 憂い… そして、優しさ♫ 「彩度を落とした彩(いろど)りの豊かさ」 色んな要素、感情がひっそりこっそり隠れてる…。 ハイドン・セットの中では地味な存在…でもやっぱり名曲♫

モーツァルト:弦楽四重奏曲第15番【感想|解説と名盤3選】日々の中に、ふとやってくる寂しさ…

#モーツァルト #弦楽四重奏曲第15番 移り気な音符、 彷徨(さまよ)う… さあ、神秘の森へ…♫ 弦楽器たちから漏れてくる… ・嘆き ・ささやき ・ため息

サティ:「あなたが欲しい…」《ジュ・トゥ・ヴー》【解説と名盤】

サティ:「あなたが欲しい…」《ジュ・トゥ・ヴー》 これは恥ずい! でも、その素直さは ウラヤマシイ…♫ でも、これが「フランス的」というものなのか…? さて、今回は、サティにしては珍しく(?)明るくて素直な曲「あなたがほしい…」

ラヴェル:弦楽四重奏曲【解説と名盤3選の聴き比べ|感想】そのこの上ない美しさ…

光るセンスと、 裏返し… そう、深い陰影…♫ それが…ラヴェルの音楽における大きな魅力のひとつ…。 まぶしいくらいの華やかさと、 さみしいくらいの陰うつさ…。 でも、それがこの上もなく美しい…♫ 解説とおすすめ名盤を紹介です。

モーツァルト:エクスルターテ・ユビラーテ《踊れ、喜べ、幸いなる魂よ!》【3枚の名盤|解説と歌詞】

モーツァルト #エクスルターテ・ユビラーテ ・まるで天国…♫ ・天使は空を舞いあがり ・そして、踊って歌いだす♫ さて、今回は、そんなモーツァルトの「ある歌手のために作曲された」《エクスルターテ・ユビラーテ》紹介です

モーツァルト:ピアノと管楽のための五重奏曲【解説|感想|名盤5枚】もっともモーツァルトらしい名曲のひとつ…♫

モーツァルト《ピアノと管楽のための五重奏曲》 あのモーツァルトの 最高傑作…? そう、この曲こそ…♫ モーツァルト自身が「最高のもの」と認めた奇跡の1曲。 ほっこりと 優しく、 降りそそぐ… そんな、木洩れ日のような名曲… #クラシック #アルパカ #幸福

サティ:3つのジムノペディ【解説と3つの名盤|感想】意味は…?不思議な感情…絶え間なし…♫

#サティ #3つのジムノペディ ポロン、ポロン…♫ ポロン、ポロン…♫ 心に残り… ポロン、ポロン…♫ シュール…とは違う…。 エキセントリック…とも、なんか違う…。 そう、なんとなくだけど… アルカイック(素朴)で、 スタティック(静的)…

エルガー:愛の挨拶【解説と感想|名盤3選】訪れた恵みに挨拶を!

エルガー《愛の挨拶》 おっはよ〜!! 幸福でいっぱいの 始まりにあいさつを…♫ ・年の差 ・社会的地位 ・宗教の違い… そんな壁を乗り越えて結婚しょうと決心した「2人の「出発」と「あいさつ」の物語。

バッハ《マタイ受難曲》【あらすじと解説と名盤3選|感想|歌詞】2千年前の真実の物語を音楽で…

バッハ《マタイ受難曲》 清らかさ…安らかさ… そして、裏切り… 聖書の物語を音楽で…♫ バッハの最高傑作と言われる名曲です ・重厚で ・おごそか ・また静謐(せいひつ)でもある

ブラームス:クラリネット五重奏曲【解説と名盤3枚|感想】

ブラームス《クラリネット五重奏曲》 寂(さみ)しさと… 悲しさ、苦しさ、 美しさ… ・雨の日 ・退屈な日 ・心がうつうつとする日 そんな機会にじっくりと聴き込んでみるのはアリですよ…♫

シューベルト:交響曲《未完成》【解説と名盤聴き比べ3選と感想】なぜ未完?その理由

音楽詩人… さまよう… 絶たれた交響曲…♫ www.youtube.com シューベルト: 交響曲第8番「未完成」:第2楽章 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”) …

夏のおすすめ【クラシック曲10選】涼しく過ごせる有名曲も…♬

夏、到来!! ・まぶしい! ・楽しい!! ・輝かしい!!! そんな言葉がピッタリな夏 クラシック音楽の 「積極的で明るいなイメージの曲」 「暑い夏を乗り越えるための涼しげな曲」 を10曲をチョイスしてみました お楽しみいただけたなら嬉しいです #クラシ…

ショパン:《雨だれ》【解説】と【おすすめ名盤3選】の感想|その想いを雨の音に乗せて…

ショパン:《雨だれ》 たんたん、たんたん… ただただ時が過ぎる中… 想う気持ちが降りしきる…♫ そのしずくは、 彼の想像と音楽のなかでは、 彼の心に天から落ちる涙となっていた ージョルジュ・サンド回想録よりー

ショパン:《24の前奏曲》【解説と名盤3選|感想】有名な雨だれ、イ長調も素晴らしい♫

ショパン:《24の前奏曲》 有名な《雨だれ》 《胃腸(イ長)調》…? どれも珠玉の前奏曲集…♫ ・ロマン性 ・美しい楽想 ・豊かな感情の動き などが感じられてドラマティックな魅力すら感じさせてくれる名曲

ドビュッシー:版画【解説と名盤2選】【感想】はじまる印象派の音楽

印象主義への 橋渡し… 音楽は、とっても自由…♫ (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”) まるで、ドビュッシーによる羽化登仙! 羽が生え… 空を…

【梅雨】に聴きたい【クラシック音楽7選】雨の日も心楽しく過ごしたい…

「雨の日は憂うつ…」 遊びに行けない… 買い物もおっくう… 洗濯物も乾かない… 「ふう〜、雨…やみそうもないな…正直、ちょっとダルいなあ…」 そんな時は、お日さまの差し込まない、暗めの部屋にひとり引きこもり、そっとクラシック音楽を流してみると…。 さて…

シェーンベルク:浄められた夜【詩の感想と2枚の名盤解説】罪と許しの耽美(たんび)な音楽

シェーンベルク《浄められた夜》 ・ひんやりと ・冷たくも宿る… ・透明な思いやり♫ そして、 深い夜… 白い月の光を集めて放つ… ゆるしのしずく… 「罪とゆるしの耽美(たんび)な1曲」 #ブログ書こ #シェーンベルク #クラシック #アルパカ #幸福 #0522

 

 

www.alpacablog.jp