アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説します。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方もお伝えしますよ♫

春に聴きたい【おすすめクラシック15選】

【物語のある】クラシック音楽21選|劇的な展開を聴く♬

クラシック音楽【ランキングとテーマ別】記事一覧

#クラシック音楽 過去の #まとめ記事 をまとめてみました。 今後もおいおい書き足していきます♫

モーツァルト:ピアノソナタ第15(16)番 ハ長調【解説と名盤3選】

歌う、鳴る鳴る 素朴な響き 幸福、予感、モーツァルト♫ たんた、たたたた♫ 歌うよな… たんた、明るいモーツァルト♫

モーツァルト:ピアノソナタ第14番|幻想曲ハ短調【解説と名盤3選】

・激しく ・美し… ・慟哭(どうこく)ソナタ♫ モーツァルトのピアノソナタの中で短調の曲は2曲のみ…。 ・ピアノソナタ第8(9)番 イ短調 ・ピアノソナタ第14番 ハ短調 「悲しみが通り過ぎる時のよな…」

ベートーヴェン:交響曲第2番【解説と名盤2選】

・ハイドンが拓き ・モーツァルトが伸ばし ・ベートーヴェンが橋渡し どこかモーツァルト的な旋律の美しさや可愛らしさがありながらも、ベートーヴェンらしさが湧き出してき始めた名曲!

ベートーヴェン:交響曲第1番【解説と名盤2選】

ロマン派の予感 芽吹く! 始まりの交響曲♫ ・楽天的で気品のある名曲 ・古典派からロマン派への橋渡しの始まり ・ベートーヴェンの始まりの交響曲

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第13番【解説と名盤3選】

可愛らしさと さりげなさ… うちに隠れるさみしさと… 飾らずシンプル美しい… まるで詩のよな歌ごころ

ドビュッシー:名曲おすすめ17選【ピアノと管弦楽など】ランキング

音楽の印象派 甘くゆるやか あふれる詩情 ふわり、浮かんで 優しくて… もやっと、おぼろげ、 浮かぶ、音… けれども、その色、 こまやかで… けれども、その色、 彩りゆたか… 音楽の印象派と言われるドビュッシーの名曲をピアノ曲とその他に分けて、ランキング…

ドビュッシー:小組曲【解説と名盤3選の感想】

小舟が揺れて ハープは歌う 和やか組曲 詩人ベルレーヌの詩(うた)が、ドビュッシーの印象的な音楽に姿を変えた

ドビュッシー:弦楽四重奏曲【解説と名盤2選の感想】東洋的な諦観に耳、奪われて…

その混沌 はかなし… されど美し四重奏♫ ワーグナーの音楽からの脱却が生んだ ドビュッシーの「名作時代」始まりの前奏曲

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第12番【解説と名盤3選の感想】

シャボン ぷかぷか 柔らかソナタ♫ 晴れたお空に 飛んでいく シャボンが お空に透けていく… 見えなくってもあるんだよ! 光あつめて シャボン玉…

モーツァルト:フルート協奏曲第1番|第2番【解説と名盤3選の感想】

・優しい風が ・ほほ、なでる… ・歌うフルートかぐわしく♫ モーツァルトのフルート嫌い…。 フルート協奏曲第2番とは、世を忍ぶ仮の姿…? 名曲誕生までに渦巻くエピソード!

モーツァルト:オーボエ協奏曲【解説と名盤2選の感想】

・ふわり… ・春のおとずれ ・コンチェルト♫ 「歴史に埋もれて見つからない!」 「え!もしかして君が、オーボエ協奏曲だったの?」

モーツァルト:オーボエ四重奏曲【解説と名盤3選の感想】

なんて素敵に チャーミング らしさ満開モーツァルト♫ 春の感じで ラル、ラララ…♫ オーボエ笑うよ ラル、ラララ…♫ 弾むリズムで ラル、リララ…

バッハ:無伴奏ヴァイオリン【解説と名盤3選】ソナタとパルティータ|感想

冴えわたり… 音、崇高なり♫ www.youtube.com (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”) 喜び、哀しみ突き破り、 見える、無上の 音世界 ただただ…

バッハ:無伴奏チェロ組曲【解説と名盤3選の感想】

・深い哲学性 ・瞑想的な思索性 ・バランス感のある構築性 通奏低音を奏でつつ合奏を盛り上げることの多かった、いわば脇役的存在、チェロ 音楽の父バッハが、その魅力を最大限に引き出した「チェロの旧約聖書」

ベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》【解説と名盤3選|感想】

・ベートーヴェン自身 ・革命! ・音楽新時代、来たる♫ う、裏切られた! ナポレオンよ! お前もか!! 自由への 大いなる希望 燃える情熱! 讃歌、高らかなり!! ナポレオンへの尊敬と、その後の絶望が生んだ名曲♫

 

【30日間無料体験】amazonミュージックUnlimited♫