アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説します。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方もお伝えしますよ♫

【物語のある】クラシック音楽21選

冬に聴きたい【おすすめクラシック16選】

クリスマスに聴きたい【おすすめクラシック】【定番曲15選】

ドヴォルザーク:交響曲第8番【解説と名盤5選と感想】幸福感に満ちた「チェコの田園物語り!」

・なんと明るく痛快! ・幸福感に満ちた ・傑作交響曲♫ 西欧的伝統と民族性! ドヴォルザークの描いたチェコの田園は…、 スカッ!と、爽快! キラッ!と、まぶしい!! ドドンッ!と、壮観!!! 「元気10倍で勇気100倍!!」な名曲

モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番【解説と名盤2選】

・その姿、堂々! ・まるでジュピター! ・威厳あり♫ そびえ立つ「協奏曲のジュピター!」 モーツァルトの栄光の頂点、ウィーンに聴衆も盛り上がった時代のピアノ協奏曲の言わばキング(王)…

チャイコフスキー:バレエ音楽《白鳥の湖》【あらすじ解説と名盤3選|感想】王子の誓い!おとぎの国の物語

・オデット姫を救え! ・暗躍するブラック・スワン! おとぎの国のバレエ音楽 姫を救うべく立ち上がる王子! そう、素朴なおとぎ話 ああ、それなのに「素朴なハッピーエンド」をぶち壊す! ブラックスワンの魔の手が忍び寄る!!

ラヴェル:ソナチネ【解説と名盤3選|感想】笑う珠(たま)嬉しく遊んで自由自在

光る、音たま つむがれる、 古典形式美♫ 転がる、コロコロ 音の珠(たま)…。。。 カラカラ笑って、遊ぶ魂(たま)

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲《第1|2番》【解説と名盤2選】ピュアな優しさ!はじける!!

・まるで若葉!! ・萌える! ・若々しさ♫ あの信じがたい色とりどりの香気、みずみずしさや、豊かさにどうしてうっとりしないでいられようか? アンリ・ゲオン 解説とおすすめ名盤を紹介

ラヴェル:クープランの墓【解説と名盤5選|感想】

戦没者に捧ぐ… 友を偲んで、 ゆれるピアノ♫ 失意のラヴェル 失った 友… 母… 従軍への希望 そんなツライ心境からつむがれた「惜別と哀悼の想いの結晶化…」 さて、今回は、ラヴェル《クープランの墓》の解説とおすすめ名盤を紹介です

バッハ:ヴァイオリン協奏曲【名盤3選|解説と感想】3曲まとめてオススメ♫

・気高く ・ほがらか! ・まるで澄んだ空のよう♫ 親しみやすいメロディがいっぱい! ワクワク楽しくなってくる!!

チャイコフスキー:交響曲第3番《ポーランド》【解説と名盤2選】

舞う、ポロネーズ! チャイコフスキーの 羽化登仙(うかとうせん)♫ チャイコフスキー唯一の5楽章交響曲! あふれる!! 楽想 民謡… 独創性

チャイコフスキー:交響曲第2番《小ロシア》【解説と名盤2選】

チャイコフスキーの交響曲の中では 「地味な存在」 …なのに、フタを開ければなんとも華やか! 「素晴らしいチャイコフスキー節」炸裂! さて、今回は、ジミ〜な…いやいやとってもステキな1曲

R.シュトラウス:《死と変容(浄化)》【解説と名盤3選の感想】

「死」の悲しみ… 始まる「変容」… そして、「浄化」を体感す! 生死をさまよう芸術家のストーリー、 生への執着 あらがえぬ運命の「死」 そして「変容」…からの…、 浄化…。

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番【解説と名盤3選|感想】

まるで「運命協奏曲」? クセになりそな スリリング♫ 恐い、 ハラハラ 緊張感… なのになんだか惹(ひ)きつけられる…。

チャイコフスキー:スラヴ行進曲【解説と名盤3選|感想】

スラヴ民族を救え! 熱い!! あまりにも熱い名曲♫ 「ウラー(万歳)!」 初演時、まっさきに起こる、聴衆による歓喜の叫び!! ロシア人として、チャイコフスキーのスラヴ民族としての誇りが大爆発を起こす!!

バッハ:ミサ曲ロ短調【歌詞と解説|名盤3選の感想】

・その深さ底知れず ・光、荘厳(そうごん)! 「作曲のキッカケは、なんとも俗っぽい…」 しかし、終わってみれば… バッハの心の奥深くまで切り込んだ傑作へと昇華! ・神聖 ・バッハによる信仰告白 ・バッハの作品の最高峰とも

シューベルト:アルペジオーネソナタ【解説と名盤5選聴き比べ|感想】

幻の楽器 アルペジオーネが歌う セピア色した優美な魅力♫ 「死」まもない… その予感… 限りなく セピア色に覆われていく 感情… そんな日常に ぽつり、ぽつりと、 降り来たる、 美しいインスピレーション…

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番【解説と名盤3選|感想】

歌う朗らか独奏楽器 なんとも可愛い ヴィオリーノ♫ ブランデンブルク協奏曲第1番で特徴的なのは独奏楽器のひとつ「ヴィオリーノ・ピッコロ」の活躍 ヴァイオリンより高音を担当する弦楽器です

 

 

www.alpacablog.jp