アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方を解説します。

ストラヴィンスキー:火の鳥【あらすじの感想と名盤3枚の解説】

f:id:happy-alpaca:20200801233316j:plain 

手塚治虫の「火の鳥」

その発想のもとともなった

イマジネーション豊かな名曲!!


ストラヴィンスキー: バレエ音楽「火の鳥」:終曲

(youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”)

もともとは、ロシアの民話

手塚治虫の《火の鳥》とは、全く関係のない物語です。

ただ、手塚治虫が、ストラヴィンスキー:火の鳥を聴いている際に、物語の発想、インスピレーションを得たというエピソードがあります。

そんなイマジネーション豊かで、壮大な展開が楽しい音楽という感想です。

そんな、ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》のもととなった物語である、ロシア民話のあらすじと名盤を解説です。

【楽曲を解説】ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》

f:id:happy-alpaca:20200804100415j:plain
ストラヴィンスキー:火の鳥、作曲時のエピソードがわかる、こんな解説があります。 

稀代の興行師、(中略)ディアギレフは、バレエ・リュッス(ロシア・バレエ団)の主宰者として、今世紀初頭のヨーロッパ・バレエ界に偉大な足跡を残した人物である。(中略)

ディアギレフは、ある日、ストラヴィンスキーの新作「花火」を聴いて、その斬新な感覚に注目し、新作バレエの音楽を依頼した。

それが、ロシアの古い民話を題材とした「火の鳥」で、1910年のパリでの初演は、大成功を収め、28歳の無名の青年作曲家の名は、一夜にしてヨーロッパ中に知れわたったのである

出典:志鳥栄八郎 著 「不滅の名曲はこのCDで」P148より引用 

解説にあります、ディアギレフは、ロシアの民話をもとにした、バレエ作品を構想し、《火の鳥》の元になる台本を書きました。

そして、このバレエ作品につける曲については、はじめ、作曲家のリャードフに依頼する予定でいました。

しかし、このリャードフは、作曲に時間をかけるタイプとのことだったので、予定の公演日には、間に合わないと判断します。

そのため、当時、無名であった、ストラヴィンスキーに白羽の矢を立てます。

そして、ストラヴィンスキーは、見事、その依頼を、素早く遂行し、公演に間に合わせたのでした。

そして、解説にあるとおり、大成功し、これがもとで、作曲依頼が増え、名実ともに、評価をあげていったとのことです。 

その後、ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》とともに有名な、《ペトルーシュカ》《春の祭典》の、三大バレエ音楽を作曲するチャンスを得ることが出来たのでした。

【あらすじを解説】ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》

f:id:happy-alpaca:20200804095756j:plain

それでは、ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》のあらすじを解説します。

第1幕

火の鳥を追い求めて、さまよう、イワン王子は、「魔王カスチェイの庭園」へやってきます。

すると、黄金のリンゴのなる「魔法の木」を目当てに、やってきた火の鳥を発見します。

「これ幸い」とばかりに、火の鳥をおさえるイワン

これに対し、火の鳥は

「私を解放してください。それと引き換えに、あなたが危機のときに呼んでくれれば、必ず助けに来ることを約束します」。

そう言って、イワンに、逃してもらえるよう嘆願します。

そして、火の鳥は、自分の羽根をぬき、イワンに渡して、去っていくのでした。

さて、この「魔王カスチェイの庭園」を見渡した先には、魔王カスチェイの城が見えます。

ここには、13人の乙女が囚われの身となっているとのことです。

すると、城門が開き、その13人の乙女たちが、現われ、黄金のリンゴのなる「魔法の木」のもとで舞いを踊りはじめます。

そのさまを、ひっそりと、うかがっているイワンは、そのうちのひとり、ツァレヴナ王女に恋をし、近づきます

そして、夜が白々と開けるころ、乙女たちは再び、城に幽閉されるべく、戻っていかなくてはならない時間がきます。

そして、ツァレヴナ王女とともにいる、イワンを発見した魔王カスチェイは、手下を使って、イワンを捕らえます。

そして、イワンを石に変えようと、魔法をかけようとするカスチェイ

その時、イワンは、とっさに、火の鳥から渡された羽根を振ります。

すると、目の前に鮮やかな、燃えさかる火をまとった、火の鳥が現われます

そして、火の鳥は、魔王カスチェイの手下たちを、バタバタと気絶させていきます。

開放されたイワン。

火の鳥は、魔王カスチェイの魂は、卵の中に存在していることをイワンに伝えます。

そして、「魔法の木」の根もとにある「卵」を発見したイワンは、その「卵」を破壊します。

すると、カスチェイは、不気味な音とともに死を迎えるのでした。

第2幕

13人の乙女たちは、みな自由を手に入れます。

そして、過去、勇敢にもカスチェイに挑んで、石に変えられてしまっていた、騎士たちも、もと通りに復活します。

そして、イワンは、晴れて、ツァレヴナと結婚し、物語は大団円を迎えます。

ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》曲目

ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》は、管弦楽の彩り豊かに展開します。

ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》は聴くだけでも充分に、楽しめます。

けれども、あらすじを知った上で聴くと、さらに、楽しみも増えますね。

ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》には、いくつかの版がありますが、原典版である「1910年版」の内容を書きとめておきます。

(ちなみに、短い組曲版としては、1911年版、1919年版、1945年版が存在しています。)

  1.  導入部
  2. カスチェイの魔法にかかった庭園
  3. 火の鳥の出現
  4. 火の鳥の踊り
  5. イワンは火の鳥を捕らえる
  6. 火の鳥の嘆願
  7. 魔法にかけられた13人の王女たちの出現
  8. 金のリンゴとたわむれる王女たち
  9. イワン王子、乙女たちの前に現れる
  10. 王女たちのロンド
  11. 夜明け
  12. 怪物の登場、イワンは捕らえられる
  13. 魔王カスチェイ、登場
  14. カスチェイとイワンとの対話
  15. 王女たちのはからい
  16. 火の鳥、出現
  17. 火の鳥の魔法、手下たちの踊り
  18. カスチェイ一味の凶悪な踊り
  19. 火の鳥の子守歌
  20. カスチェイの目覚め
  21. カスチェイの死
  22. カスチェイ城の消滅、石の騎士たち復活、大団円

【3枚の名盤の感想と解説】ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》

f:id:happy-alpaca:20200804100534j:plain

ピエール・ブーレーズ:指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック

アルパカのおすすめ度★★★★★

色彩感が、際立っていて、繊細でありながら、ここぞと言うところに迫力を感じます。

とてもバランスが良く、また、知的に構築された名盤のほまれの高い1枚

ブーレーズ指揮のアルバムは、1975年に録音された、この名盤と、1992年に録音された2種類あります。

音の良さでいえば、1992年版がいいと思いますが、少しきれいに、まとまりすぎという感想はあります。

ただ、こちらも素晴らしい1枚ですので、オススメです。

エルネスト・アンセルメ:指揮 ニューフィルハーモニア管弦楽団

アルパカのおすすめ度★★★★☆

アンセルメ、死の3ヶ月まえに行われた渾身の名盤。

86歳の指揮とは、とても思えない、とても熱量の高い1枚で、強弱のつけ方や、柔らかい感性のみずみずしさは、絶品です。

どこまでも、美感を追求したという感想のアンセルメの素晴らしい名盤

作曲者のストラヴィンスキーとも親交があったアンセルメの、作曲者の思いをも乗せた遺言状とも言えます。

この老紳士の最後まで失わなかった音楽への情熱を聴き取りたい。

そんな名盤です。

ピエール・モントゥー:指揮 パリ音楽院管弦楽団

アルパカのおすすめ度★★★★☆

モントゥーの豊かにふくらむ音世界。

その中で響く、ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》の羽根は、輝いていて美しい。

そんなイメージの名盤です。

行きすぎない表現の中に、気品や、たおやかさを感じさせて飽きさせることはありません

そのフルーツのような爽やかさと、明るい雰囲気の、ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》は、聴いていて心地いい感想の名盤ですね。 

f:id:happy-alpaca:20200810215027j:plain

【手塚治虫の《火の鳥》】永遠の生命をもって活躍する壮大な物語

漫画史に燦然と輝く名作である手塚治虫の《火の鳥》。

ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》とは、物語の関連は全くありませんが、その精神は、どこか通じています。

共通しているところとしては、

  1. ファンタスティックな火の鳥の存在
  2. 本当の危機の際に現われて、示唆を与える
  3. 永遠にナゾの存在である

などです。

手塚治虫は、漫画を描く際、BGMとして、クラシック音楽を聴いてイマジネーションを広げていたようです

そして、手塚治虫の描く漫画と、クラシック音楽。

「どちらにも、普遍性を感じる」という共通点があると感じるのは、アルパカだけではないと思うのですが、いかがでしょうか?

あなたは、どんな感想をお持ちですか?

 火の鳥のカラー版の第1巻が、KindleUnlimitedの読み放題で読めますよ  

【解説と名盤、まとめ】ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》

f:id:happy-alpaca:20200804153532j:plain

さて、ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》、名盤の紹介と、あらすじの解説はいかがでしたか?

こんなイマジネーションを豊かにして聴ける、ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》。

様々な彩りの名盤にふれることによって、たくさんの《火の鳥》の世界を冒険するのも悪くないものです。

 

 そんなわけで…

 

『ひとつの曲で、

たくさんな、楽しみが満喫できる。

それが、クラシック音楽の、醍醐味ですよね。』

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事↓ 

こんな2つの音楽物語もいかかですか? 

www.alpacablog.jp

 

www.alpacablog.jp