アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方を解説します。

マーラー:交響曲第5番「アダージェット」【瞑想的な名盤5枚の解説】癒やしのアダージョの夜…(後編)

f:id:happy-alpaca:20200602082459j:plain
「ココにいる」ことを受け入れたい時に聴きたい♫

淡い光のやさしさと、

凪(な)いだ湖面の静けき心…


マーラー: 交響曲第5番 - 第4楽章 アダージェット

(youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”)

「アダージョ」とはイタリア語で、「くつろぎ」の意味。

今回は、正確に言うと「アダージェット」ではありますが…。

前回につづき、「アダージョの名曲を解説です

 

【楽曲を解説】マーラー:交響曲第5番「アダージェット」

f:id:happy-alpaca:20200531120416j:plain

この「アダージェット」とは音楽用語では、本来、「アダージョより、やや速く」という意味です。

ただ、マーラー自身は、交響曲第5番「アダージェット」の楽譜に「とても遅く」と記述しています。

そして、実際の演奏も遅く、ゆったりしたものが多いですね。

さて、マーラー:交響曲第5番の全体(全5楽章)の、こんな解説があります。 

1902年(42歳)に作曲されたもので、この「(交響曲)第5番」は、オーケストラだけの純粋な器楽曲(声楽無しの曲)となっており、全体に悲痛で、憂愁な気分が色濃くただよっている

ことに、名高い第1楽章の「葬送行進曲」は、マーラーの音楽のもつ暗さが前面に出たもので、また、第4楽章(アダージェット)は、それとは対照的に、せつないまでに甘く、耽美的な音楽となっている。

出典:志鳥栄八郎 著 「不滅の名曲はこのCDで」P71より引用 

解説にあるように、11曲あるマーラーの交響曲(1曲は未完)のなかで、もっとも「せつないまでに甘く、耽美」なマーラー:交響曲第5番の第4楽章「アダージェット」です。

交響曲第5番を作曲当時のマーラーは、苦難の中にありました。

持病の痔の悪化による大出血で、大きな手術を3回受けています。

また、同じ時期に、ウィーン・フィルの首席指揮者という地位を失ってもいます

もともと、ウィーンの保守的な批評家や、聴衆からの、非難が多かったマーラーですが、病気を機に、ほとほと嫌気がさしたことが、原因と言われています。

こんな失意の中で、ひとつの希望も、めばえ始めていました。

運命の女性、アルマとの出会いです。

当時、アルマは、別に想いを寄せる人が、いたようですが、マーラーと出会ってお互いに一目惚れ。

翌年には結婚しています。

作曲をはじめた頃は、「アダージェット」を入れる予定は、なかったのですが、アルマと出会ったことによって、入れた楽章だと、いわれています。

つまり、この「アダージェット」はマーラーによる、音楽による、アルマへの告白であったということです。

マーラーと親交のあった指揮者にメンゲルベルクがいました。

彼は、自身が使った、楽譜に「このアダージェットは、マーラーがアルマに宛てた愛の証である」と書き込んでいたというエピソードもあります。

【映画にも、しばしば使われる】マーラー:交響曲第5番「アダージェット」

せつないまでに甘く、耽美的な音楽」である「アダージェット」は、映画で使われる機会が多いのも、ひとつの特徴です。

代表的な例としては、ルキノ・ヴィスコンティ監督の《ベニスに死す》ですね。

 

 
 

これ以外にも、日本映画に使われている例も、いくつかありますが、「時に真剣に、また時には、冗談っぽく、映画の効果をあげることに使われていますね」

それくらい、幅の広い、可能性を持った1曲であると、言えるのだと思います。

【各部を解説】マーラー:交響曲第5番

f:id:happy-alpaca:20200531170616j:plain 

マーラー:交響曲第5番は、第1楽章から第5楽章までの5曲で出来あがっています。

ちなみに、全体の構成としては3部構成となっていて、

  • 第1部ー第1楽章と第2楽章
  • 第2部ー第3楽章
  • 第3部ー第4楽章と第5楽章

という形をとっています。 

第1部

第1楽章 葬送行進曲 (正確な速さで、厳粛、葬列のように)

重々しく、また、おごそかな曲調です。

途中、激しい展開もあり、ドラマティックな1曲とも言えそうです。 

第2楽章 (嵐のような荒々しい動きをもって。最大の激烈さをもって)

運命の荒波を超えんとして、立ち向かっていくようなイメージ

冒頭で、作曲時のマーラーの失意については書きました。

つまり、大手術の話しや、ウィーンフィル主席指揮者からの地位を無くしたことです。

この荒波を、越えていこうとの意志というものを曲のなかに感じます。

第2部

第3楽章 スケルツォ(力強く、速すぎずに)

ノリのいい三拍子で、進められる明るく元気な1曲ですね。

第3部

第4楽章 アダージェット(とても遅く

解説は冒頭に書いています。

(冒頭の「解説」へ戻る)

第5楽章 ロンドーフィナーレ、アレグロ(楽しげに)

とても元気が良く、第1楽章の葬送行進曲の、重々しさを吹き飛ばすかのような勢いの、素晴らしい楽章です。

有名なベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》は、よく「苦悩から歓喜へ」という言葉で表現されます。

そして、この、マーラー:交響曲第5番も似たような構造をしています。

つまり、第1楽章の葬送行進曲からはじまって、最後の第5楽章で、明るく楽しげな曲でラストも華やかに終わっていくわけです。

映画やドラマでもそうですが、やはり、ハッピーエンドというのは、いいものですね。

www.alpacablog.jp

【3枚の名盤を解説】マーラー:交響曲第5番「アダージェット」

f:id:happy-alpaca:20200531120531j:plain

ヘルベルト・フォン・カラヤン:指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

アルパカのおすすめ度★★★★☆

耽美の極地!

第4楽章「アダージョ」の調和のやわらかい光が、心にさしてくる。

そんな名盤です。

マーラー:交響曲第5番の全体としても、バランス感覚が冴えた名盤でもありますね。

こちらは、マーラー:交響曲第5番の「アダージェット」も収録されたカラヤン指揮のアダージョ集。

さまざまな作曲家の、さまざまな「アダージョ」が、たっぷり収録された、癒やしの1枚ですね。 

こちらもオススメです。

レナード・バーンスタイン:指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック

f:id:happy-alpaca:20200611221615j:plain

アルパカのおすすめ度★★★★★

マーラーの音楽を広めたい、知ってもらたい、そして聴いてもらいたい!

そんな、思いの熱量がハンパない「情熱的名盤!!」

バーンスタインのマーラー演奏は、一般的には、最新の録音のほうの評価が高いです。

でも、アルパカ的には1960年代に、集中的に録音された、このニューヨーク・フィルハーモニックの録音が断然好きっ!!

晩年の豪華で、録音もクリアなバーンスタインのマーラーも、好きですが、60年代の汗が飛び散ってるような、そして、踊るようなノリのいいマーラーが断然、熱い!!

「アダージョ」だって、情念のこもり方に、並々ならぬものがありますですよ。

必聴の名盤です!

一般的な評価の高いアルバムはこちらです♫ ↓↓↓

ブルーノ・ワルター:指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック

アルパカのおすすめ度★★★★☆

本来の「アダージェット」の表記に近い速さの名盤。

つまり、「アダージョより、やや速く」の指示に忠実な名盤と言えます。

カサカサと雑音が入り、また残響の少ない音芸術です。

しかし、「マーラーの弟子」でもあった、ブルーノ・ワルターの師に対する、謙虚な忠誠のようなものを感じます。

あまり甘さにおぼれることなく、理性的に聴きたい時には、こんな演奏はステキかも…。

 

 

ラファエル・クーベリック:指揮 バイエルン放送交響楽団

アルパカのおすすめ度★★★★★

伝統を感じさせる誠実さと、重厚感のある安定感

深い情感を胸に、マーラーの壮大な音芸術をこの三次元世界に、見事に開花させた超絶名盤♫

バーンスタインのマーラー演奏とともに、長く後世に残したい名盤でもありますね。

ベルナルド・ハイティンク:指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

アルパカのおすすめ度★★★★☆

アムステルダム・コンセルトヘボウの、なんとも柔らかいシルクのような、肌ざわりの音世界

「こんなあたたかいマーラーも、素晴らしいな

そんなことを深く感じさせてくれる名盤。

とくに「アダージェット」のその優しい、表現には、舌を巻きますね。

これは、さすがの名盤です。

 

【解説と名盤、まとめ】マーラー:交響曲第5番「アダージェット」

f:id:happy-alpaca:20200531120611j:plain

さて、マーラー:交響曲第5番「アダージェット」の名盤の紹介と、解説はいかがでしたか?

ふた夜にわたって、解説してきました「癒やしのアダージョとアダージェット」

休日や、ホッと一息つきたい時に、寄りそってくれる音楽って、あるものですね。

そのレパートリーの、ひとつに、加えたい2曲を選んで、解説してみました。

 

 そんなわけで…

 

『ひとつの曲で、

たくさんな、楽しみが満喫できる。

それが、クラシック音楽の、醍醐味ですよね。』

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事↓ 

癒やしのアダージョの夜…(前編) 

www.alpacablog.jp

 

「これ以上ない」くらい、月の静けさが表現された癒やしの1曲↓

www.alpacablog.jp