アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方を解説します。

ビゼー:アルルの女【簡単なあらすじ解説と3枚の名盤聴き比べ】劇中、一度も姿を見せないナゾの女

f:id:happy-alpaca:20200812121956j:plain

心地いいメロディがいっぱい!

劇中、姿を見せない「アルルの女」のナゾ!!


ビゼー: 「アルルの女」組曲第2番ー第3曲:メヌエット

(youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”)

物語としては悲劇。

それなのに、全体的に「音楽は、明るくて元気なものが多い」のが特徴です。

メロディも美しいですね。

【楽曲を解説】ビゼー:アルルの女

f:id:happy-alpaca:20200812122100j:plain

ビゼー:アルルの女の、こんなエピソードを含む、解説があります。 

(戯曲、アルルの女が)パリのボードヴィル座で上演された時、支配人カヴァロの依頼で、ビゼーはこの劇のために27曲の付随音楽を作曲した。

不幸にして、劇の評判はかんばしくなかったが、自分の音楽に自信をもっていた彼は、なかから4曲を選んで演奏会用組曲とした

これが第1組曲で、彼の死後、友人のギローが4曲を選んでまとめたのが第2組曲である。

出典:志鳥栄八郎 著 「不滅の名曲はこのCDで」P112より引用 

ビゼーがアルルの女の作曲を依頼された際、小編成のオーケストラ用に作曲してほしいとの要望を受けました。

しかし、ビゼー自身は、もっと大規模なものを作曲したいとの思いがあったようです。

そのため、あまり満足のいく仕上がりには、ならなかったというエピソードがあります。

そして、解説にありました「劇の評判はかんばしくなかった」ことが、組曲を作曲する動機になったのも、また事実です。

また、ビゼーの死後、友人のギローが、ビゼー:アルルの女から、4曲を選んで、第2組曲をまとめたことは解説にありました。

この中に、有名な「メヌエット(第2組曲の第3曲)」が入っています。

これは、ビゼーのオペラ《美しいパースの娘》からの抜粋です。

つまり、このメヌエットだけは、 純粋な、ビゼー:アルルの女からの抜粋では、ないわけなのです。

【簡単にあらすじを解説】ビゼー:アルルの女

f:id:happy-alpaca:20200812122157j:plain

それでは、簡単にあらすじを解説したいと思います。

 

裕福な農家の長男、フレデリ

彼は、アルルの闘牛場で、見かけた女に恋をします

田舎の豊かな家庭に育ったフレデリは、地元の農家の娘、ヴィヴェッタと、すでに婚約しているにもかかわらずアルルの女に、ご執心。

想いの伝わらない、もどかしさで食事も喉を通りません。

フレデリの母親はじめ、家族は、ちゃんとヴィヴェッタと結婚してほしいと願いますが、当のフレデリが、アルルの女を忘れられないのです。

そんなフレデリの思いを知ったヴィヴェッタは、フレデリの本当の幸せのためならと、身を引くことを決心します。

そして、それを知らされたフレデリは、ヴィヴェッタの純粋な思いを知り、アルルの女への思いを、あきらめてヴィヴェッタと結婚することを決めます

しかし、家畜の番人である、メティフィオが、アルルの女と恋仲であり、さらに駆け落ちをすることを知ります。

それを知った、フレデリは、再び落ち込むとともに嫉妬の炎に心を焼かれます。

そして、その苦しみに耐えきれずにフレデリは自ら、命を断ってしまい悲劇のラストを迎えるのです。 

【各曲を解説】ビゼー:アルルの女

それでは、各曲について解説しましょう。

ちなみに、前述したように、物語は悲劇ですが、組曲の全体としては、明るくて、元気な基調の組曲です。

第1組曲

  1. 前奏曲
    ビゼー:アルルの女の中で、有名な行進曲風の勇ましい1曲です。
    プロヴァンス地方の民謡が、引用されています。
    途中、暗めの展開も迎えますが、最後に迎える悲劇を予感させる曲調と言えそうです。
    そんな様々な展開を見せる曲です。
  2. メヌエット
    ワルツのテンポですが、憂いをおびた雰囲気を持っていて、なんとも感傷的な、舞曲風の1曲です。
  3. アダージェット
    美しいメロディのおだやかな1曲。
    登場人物のかつての恋人同士が語り合う場面で流れます
    イメージとしては、あかね色の、きれいな夕焼けというところでしょうか。
  4. 鐘(カリヨン)
    にぎやかでめでたい、祭のイメージですね。
    フレデリとヴィヴェッタの婚約を祝う場面で流れる曲です。


ビゼー: 「アルルの女」組曲第1番:前奏曲

第2組曲

  1. パストラール
    ゆったりとして、雄大な牧歌的なイメージの1曲
    途中から舞曲風のノリの良い曲調に展開していき、最後は、再び冒頭のイメージの曲になって、終わっていきます。
  2. 間奏曲
    重厚で、おごそかなイメージ。
    その後は、少し曲調が変化して、優雅で、たおやかなものになります。
  3. メヌエット
    ビゼー:アルルの女のなかでも有名なメヌエットです。
    しかし、冒頭でも説明したとおり、原曲は、ビゼーの、オペラ《美しいパースの娘》からの抜粋になります。
    美しい「フルートとハープの語り合い」によって、なりたった曲で、透明で優美な曲でもあります。
  4. ファランドール
    第1組曲の前奏曲が、再び現われます。
    華やかで情熱的なイメージの、ビゼー:アルルの女のラストを飾る曲になります。

【3枚の名盤の感想と解説】ビゼー:アルルの女 

アンドレ・クリュイタンス:指揮 パリ音楽院管弦楽団

アルパカのおすすめ度★★★★★

したたる汗も、そのままに、「高まる情熱」「みなぎるパワー」が感じられる名盤。

骨太な、音楽づくりは、このビゼー:アルルの女にピッタリ

牧歌的な、安心感も、つまってます。

このパワーに、手に汗握る躍動感を感じる名盤

シャルル・デュトワ:指揮 モントリオール交響楽団

アルパカのおすすめ度★★★★☆

クリュイタンスのような情熱的で、粘りのある演奏とは対極にある、美しい語り口の名盤

冷静と沈着のなかに「アルルの女」を想うフレデリの姿が浮かびます。

悲劇の場面も、切々と謳(うた)い上げてくる優美さが感じられますね。

第1組曲のアダージェットなどは、とくに絶品。

「静かに秘められた情熱」系のビゼー:アルルの女の名盤です。

エマニュエル・クリヴィヌ:指揮 国立リヨン管弦楽団

アルパカのおすすめ度★★★☆☆

ことさら強弱をつけることなく、淡々と演奏される名盤。

「華やかさや、情熱、躍動感」というよりは、詩的な叙情性に重きをおいた名盤と言えそうです。

全体的には、牧歌的であり、プロヴァンス地方の優しい空気感や、彩り豊かな自然が目の前に展開します。

ゆったりとした時を過ごす時に聴きたい名盤ですね。

f:id:happy-alpaca:20200820105627j:plain

【解説と名盤、まとめ】ビゼー:アルルの女

f:id:happy-alpaca:20200812123820j:plain

さて、ビゼー:アルルの女の、名盤のオススメと、解説はいかがでしたか?

「弾ける感情と情熱」とともに、「優美な感性」が、散りばめられた名曲、ビゼー:アルルの女を聴いて、楽しく元気な心を取り戻したいですね。

 

 

 そんなわけで…

 

『ひとつの曲で、

たくさんな、楽しみが満喫できる。

それが、クラシック音楽の、醍醐味ですよね。』

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事↓ 

情熱の女、カルメンの物語はコチラ 

www.alpacablog.jp

 こんな「純粋な歌」も悪くない…。 

www.alpacablog.jp