アルパカと聴く幸福なクラシック

幸福なひとときを与えてくれる、クラシック音楽との出会い

アンダーソン「そりすべり」解説と紹介【クリスマスの超定番曲】

f:id:happy-alpaca:20191218103633j:plain

雪の降らないクリスマス、街に出て耳をすませば、音楽の雪が降り積もる♬


ルロイ・アンダーソン: そりすべり

 

(youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”)

もうすぐクリスマスですね☆

どうも、コミュ障なアルパカは、クリスマスになると、まぶしく感じます。
それは、イルミネーションで彩られた街のせいだけではありません。
まわりを見渡せば、恋人たちが輝くような笑顔で行き交う。
そんなほほえましい姿を見て、まぶしく感じるのですね。

生まれてこのかた、誰と会ってもビクビク、オドオド…。
そんなアルパカは輝く街を歩いて、恋人たちから幸せのおすそわけを、いいただきながら楽しみます。
そんな毎年のクリスマスなのですね。

そんな街をゆくと聴こえてくる曲が、このルロイ・アンダーソン作曲の「そりすべり」ですね♬
毎年聴いても…何度聴いても、ワクワクする。
そんな楽しい1曲です♪♪♪

1.【クリスマスの超定番曲】アンダーソン「そりすべり」を解説

米国作曲家作詞家出版社協会という音楽著作権を保護する団体があります。
この団体が2009年と2010年に発表した「最も人気のあるクリスマスソング」の1位がこの「そりすべり」だったとのことですね。
1948に作曲されたアンダーソンの「そりすべり」。
まさしくクリスマスの「超定番」と言ってもいいにではないでしょうか。 

ただ、アンダーソンの「そりすべり」は、特にクリスマスを意識したわけではなく、また、冬の時期に作曲されたわけでもなかったようです。
むしろ、作曲されたのは7月だったとのことですね。

1946年7月、ルロイ・アンダーソンと妻のエレノアが、夏の休暇をウッドベリーという土地のコテージで過ごします。
その頃、ウッドベリーでは、急激な気温の上昇による猛暑に襲われて、2人はうんざり…。
これと言って打つ手があるわけもなく、苦肉(くにく)の策として、せめて「そりすべり」の音楽を作曲して、気持ちだけでも涼しくなろうと考えたのでしょうか。
そりを引く馬のいななきや、ひずめの音、はたまた馬をたたくムチや鈴の音を入れて、「冬の風景」を音楽にしたようです。
その後、全て完成したのは1848年2月、ニューヨークでのことだったようですね。
これほどのクリスマスの超定番曲も珍しいと思うのですが、もともとはクリスマスを意識して作曲したわけではないということが、なんとも驚きです…。

2.【クリスマスの超定番曲】アンダーソン「そりすべり」の曲を解説

歌詞の解説

もともとアンダーソンの「そりすべり」は管弦楽用の曲でしたが、「そりすべり」がよく聴かれるようになってから、歌詞がつけられました。

歌の内容を要約すると…

『そりすべり』
作詞:ミッチェル・パリッシュ 作曲:ルロイ・アンダーソン

そりの鈴。
リンリン、シャンシャン聴こえてくるよ。
お天気最高!
そりですべるの、最高さ!
そりが駆ければ雪が舞う。
みんな「ひゃっほい!」
さけんでる。
ほっぺはバラ色ほてってる。
ついでに心もバラ色さ!
2羽の鳥が寄り添って、
羽をのばしているみたい。
スピードあげよう。
歌、唄おう。
天気は最高。
そり日和(びより)♬

個性的な楽器を解説

使われている楽器も個性的です。
鈴の音や、馬の蹄(ひづめ)の音、馬をたたくムチの音やら、馬のいななきなどが楽器で表現されていて楽しいですね。

では、どんなものを使って「そりすべり」を表現していたのでしょうか。
以下に、解説です。

  • 「鈴」
    スレイベルという、トウモロコシのような形をしたスティックに、たくさんの小さな鈴が付いている楽器です。
    クリスマスにはよく聴かれる「シャンシャン!」「シャンシャン!」という音を出す鈴ですね。

f:id:happy-alpaca:20191218114625j:plain

  • ウッドブロック
    「カッポコ、カッポコ!」「カッポコ、カッポコ!」という馬の駆ける際の蹄(ひづめ)の音を表現します。
    なんとも気持ちのほっこりする可愛らしい響きですね。
  • ムチ
    「パシーッ!」「パシーッ!」と馬をむち打つ音を表します。
    風を切って駆け抜ける馬にますます勢いが出ます!
  • トランペット
    「ヒヒーン!」「ヒヒヒーン!」という馬のいななきを表現します。
    アンダーソンの「そりすべり」の曲の一番最後のほうです。
    トランペットのバルブを半押しにしながら、強く息を吹き込むように演奏する特殊な奏法なのだそうです。
    本当に馬がいなないているみたいです!

f:id:happy-alpaca:20191219223346j:plain

 

 

f:id:happy-alpaca:20191218121148j:plain

3.【クリスマスの超定番】そりすべりの名盤を紹介

3-1.ルロイ・アンダーソンコレクション

まずはアンダーソン「そりすべり」の原点とも言えるアルバムです。
テンポは駆け抜ける馬のイメージです。
音はあまり良いとは言えませんが、古き佳きアメリカを思わせる古風な響きです。

3-2.家カフェクリスマス

ゆったりとした雰囲気のなかで、ライトに楽しみたいならこの1枚がステキです!
ギターをメインに音楽が展開するほっこり系サウンドです。
クリスマスの定番曲が盛りだくさん。
サンタが町にやってきて、音楽の幸福を振りまくよ〜♬

まとめ

さて、名盤の紹介と解説はいかがでしたか?

今年もあとわずかですね♬

今年もクリスマスがやって来ます!
恋人と楽しむのも良し!
音楽の雪が降り積もる町を散策しながら、この一年を振り返るのも良し!

…ですね☆☆☆

 

そんなわけで…

 

『一つの曲で、たくさんな楽しみが満喫できる。

      それがクラシック音楽の醍醐味ですよね。』

 

今回は以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。