アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説します。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方もお伝えしますよ♫

夏のおすすめ【クラシック曲10選】涼しく過ごせる有名曲も…♬

アマゾン Music Unlimitedで【クラシック音楽を聴く方法】17個のワード検索!

※この記事にはプロモーションが含まれます

クラシック音楽を音楽サブスクで聴く際には、アマゾン Music Unlimitedがおすすめです。ロスレス(CDの基準でみてロスのない音質)と、ハイレゾ(CDの音質を超える音質)でクラシック音楽を聴けるからです。

この記事では実際にアマゾン Music Unlimitedで「指揮者」や「ソリスト」「有名な曲」などで検索をかけてみました。記事を読むことによって、アマゾン Music Unlimitedの具体的な使い方や検索方法がわかります。

 

 

※目次で気になった項目をクリックしてみてください

有名な7曲を検索

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》
マーラー:交響曲第2番《復活》
ベルリオーズ:幻想交響曲
チャイコフスキー:交響曲第6番《悲愴》
ムソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲)
メンデルスゾーン:真夏の夜の夢
ショパン:ピアノ曲(全般)

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》

Beethoven symphony no9」で検索してみました。100種類をゆうに超えるアルバムの中から表示された中で代表的なものは下記の通り。

  • オットー・クレンペラー:指揮|フィルハーモニア管弦楽団
  • ヘルベルト・フォン・カラヤン:指揮|ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • サー・ゲオルグ・ショルティ:指揮|シカゴ交響楽団
  • クラウディオ・アバド:指揮|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • クラウス・テンシュテット:指揮|ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 小林研一郎:指揮|日本フィルハーモニー交響楽団
  • リッカルド・シャイー:指揮|ライプツィヒ・ケヴァントハウス管弦楽団
  • ギュンター・ヴァント:指揮|NDR交響楽団
  • サイモン・ラトル:指揮|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • パーヴォ・ヤルヴィ:指揮|ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン

100種類をはるかに超えるアルバムが表示されました。市販されている、あるいは市販されていたアルバムはほぼ網羅しているものと思います。(中にはCDでの発売時期が異なっているものの同じ指揮者と楽団で録音内容が同じものも表示されます)

検索のやり方のポイントとしては「Beethoven symphony no9」のように「作曲者 曲種 ナンバー」を入力するとかなり絞り込みができます。例えば「Beethoven no9」のように「作曲者とナンバー」だけの検索ですと、有名なヴァイオリンソナタ第9番(クロイツェル・ソナタ)やピアノソナタ第9番なども表示してしまいます。

日本語で「ベートーヴェン 交響曲 第9番」というワードでも充分に表示はされます。しかしアルファベットでワードを入れたほうがより聴きたい曲の絞りがかかりやすい印象です。

好みの作曲家や曲種(例*Beethovenやsymphony)などのワードはスマホやパソコンのメモに書き残しておくことがおすすめです。検索ワクにコピペ(文字をコピーして貼り付け)すればすぐに聴きたい曲の候補を表示させることができるからです。

 

マーラー:交響曲第2番《復活》

mahler symphony no2 復活」で検索しました。どの曲も有名なものは100をはるかに超えるアルバムが表示されますが、代表的なものとしては下記の通り。

  • レナード・バーンスタイン:指揮|ニューヨーク・フィルハーモニック(1987録音)
  • クラウディオ・アバド:指揮|ルツェルン祝祭管弦楽団
  • サー・サイモン・ラトル:指揮|ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • サー・ゲオルグ・ショルティ:指揮|シカゴ交響楽団
  • オットー・クレンペラー|ウィーン交響楽団
  • クラウス・テンシュテット:指揮|ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
  • ベルナルト・ハイティンク:指揮|ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • ロリン・マゼール:指揮|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • マイケル・ティルソン・トーマス:指揮|サンフランシスコ交響楽団
  • ワレリー・ゲルギエフ:指揮|ロンドン交響楽団

始めは「mahler symphony no2」という「復活」のワードは無しで検索してみましたが「交響曲第2番」以外も、いくつか拾ってしまいました。改めて復活」のキーワードを増やすことでかなり絞り込むことができました

やはり100以上の数えきれないほどのアルバムが表示されました。日本語で検索しても「マーラー 交響曲 第2番 復活」という副題まで入れるとかなり絞られた状態で表示されます。やはり、市販されている、あるいは市販されていたアルバムはほぼ網羅しているようです。

ベルリオーズ:幻想交響曲

symphonie fantastique」で検索しました。「幻想交響曲」という題名の曲はベルリオーズのこの1曲しかないため曲名のみの検索でOK。膨大なアルバムの中から表示された中で代表的なものは下記の通り。

  • シャルル・ミュンシュ:指揮|パリ管弦楽団
  • サー・コリン・デイヴィス:指揮|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • アンドレ・クリュイタンス:指揮|パリ音楽院管弦楽団
  • ヘルベルト・フォン・カラヤン:指揮|ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • サー・ジョン・バルビローリ:指揮|南西ドイツ放送交響楽団
  • 小澤征爾:指揮|ボストン交響楽団
  • シャルル・デュトワ:指揮|モントリオール交響楽団
  • レナード・バーンスタイン:指揮|ニューヨーク・フィルハーモニック
  • サー・トーマス・ビーチャム:指揮|フランス国立放送管弦楽団
  • セミヨン・ビシュコフ:指揮|パリ管弦楽団

始めは「幻想交響曲」という日本語の曲名のみで検索してみました。一部で「シューマンの幻想小曲集」と「交響的練習曲」の入ったアルバム「チャイコフスキー:交響曲第1番」のアルバムが表示。「チャイコフスキー:交響曲第1番」の副題が「冬の日の幻想」ですので「交響曲」や「幻想」のワードに引っ張られて表示されたと考えられます。

日本語で「幻想交響曲」とだけで検索しても充分ですが、より絞り込みをかけたい場合は「ベルリオーズ」という作曲者名もキーワードに含めると確実です。検索後にもっとも表示数が多かったのは「symphonie fantastique」のアルファベットでの入力でした。

チャイコフスキー:交響曲第6番《悲愴》

tchaikovsky symphony no6」で検索しました。「悲愴」のワードを足すとよりしっかりと絞り込めます。代表的なものを記すと下記のとおりです。

  • ヘルベルト・フォン・カラヤン:指揮|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • エフゲニー・ムラヴィンスキー:指揮|レニングラードフィルハーモニー管弦楽団
  • ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:指揮|ロンドンフィルハーモニー管弦楽団
  • クラウディオ・アバド:指揮|ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
  • セルジュ・チェリビダッケ:指揮|ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団
  • カルロ・マリア・ジュリーニ:指揮|ロザンゼルスフィルハーモニー管弦楽団
  • ロリン・マゼール:指揮|ニューヨーク・フィルハーモニック
  • ワシーリ・ペトレンコ:指揮|リヴァプールフィルハーモニー管弦楽団
  • ウラジーミル・フェドセーエフ:指揮|チャイコフスキーシンフォニーオーケストラ
  • ラファエル・クーベリック:指揮|シカゴ交響楽団

悲愴」とのみ入力しても表示しますが、ベートーヴェンの有名なピアノソナタの「悲愴」とともに表示されます。検索する際には「tchaikovsky symphony」のワードも入れながら検索するとかなり絞り込めます。

ムソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲)

こちらも作曲者を入力せずに「展覧会の絵」だけで検索しました。

  • リッカルド・ムーティ:指揮|フィラデルフィア管弦楽団
  • サー・ゲオルグ・ショルティ:指揮|シカゴ交響楽団
  • アンドレ・プレヴィン:指揮|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • ジュゼッペ・シノーポリ:指揮|ニューヨーク・フィルハーモニック
  • ウラディーミル・アシュケナージ:指揮|ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • ヘルベルト・フォン・カラヤン:指揮|ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • チョン・ミョンフン:指揮|フランス放送フィルハーニー管弦楽団
  • グスターボ・ドゥダメル:指揮|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • イーゴリ・マルケヴィチ:指揮|ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 秋山和慶:指揮|大阪市音楽団

展覧会の絵」はもともとはピアノ曲であって有名な管弦楽版は作曲家ラヴェルの編曲したものです。ピアノ曲版とともに多くのアルバムが表示されますが、管弦楽版の表示が多めです

理由としては元のピアノ曲よりもラヴェルが編曲した管弦楽版の「展覧会の絵」の方が有名でありアルバム数も豊富なためと思われます。「展覧会の絵」の場合は曲名のワードのみの検索で充分のようです。

メンデルスゾーン:真夏の夜の夢

mendelssohn A Midsummer Night's Dream」で検索してみました。

  • アンドレ・プレヴィン:指揮|ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • サー・ネヴィル・マリナー:指揮|フィルハーモニア管弦楽団
  • 小澤征爾:指揮|ボストン交響楽団
  • サー・コリン・デイヴィス:指揮|ロンドン交響楽団
  • オットー・クレンペラー:指揮|フィルハーモニア管弦楽団
  • シャルル・デュトワ:指揮|モントリオール交響楽団
  • ジェイムス・レヴァイン:指揮|ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • エドゥアルト・ファン・ベイヌム:指揮|コンセルトヘボウ管弦楽団
  • ニコラウス・アーノンクール:指揮|ヨーロッパ室内管弦楽団

やはり100種類を超える数のアルバムが表示されます。注意点として、最近では曲目の表記が「真夏の…」ではなく「夏の…」に変わってきています。音楽サブスク内では現在でも「真夏の…」の題名で存在していますのでこれにならいました

ショパン:ピアノ曲(全般)

検索で迷った時の対応もお伝えします。たとえばショパンのピアノ曲で聴きたい曲の曲名がわからないといった際には「chopin」とのみ入力すると下記の写真のように検索の候補が表示されます。

chopin piano」でも検索してみましたが、以下のピアニストたちのアルバムが候補としてあがりました。

  • マリア・ジョアン・ピレシュ
  • アルトゥール・ルービンシュタイン
  • アリス=紗良オット
  • マルタ・アルゲリッチ
  • 辻井伸行
  • マウリツィオ・ポリーニ
  • ウラディーミル・アシュケナージ
  • ラン・ラン
  • サンソン・フランソワ
  • ダニエル・バレンボイム

ショパンの場合は「練習曲集」や「ポロネーズ集」「夜想曲集」などがあって聴きたい1曲がどの曲集に収録されていたかがわからなくなることがあります。まずは聴きたい曲の副題(「別れの曲」「英雄」「革命」など)のワードとともに「ショパン」とワード入力すると表示されます。Chopin」あるいは日本語で「ショパン」とだけ入力して表示された検索候補から選ぶという上記の参考写真の方法もおすすめです。

 

 

指揮者5人【マエストロを検索】

ヘルベルト・フォン・カラヤン
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
オットー・クレンペラー
レナード・バーンスタイン
セルジウ・チェリビダッケ

ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908〜89)

Karajan」で検索すると膨大な数のアルバムが表示されます。注目としてはグラモフォンの録音で60年代、70年代、80年代の3種のアルバム。それぞれが4つのアルバムに分かれており60年代が計653曲、70年代が731曲、80年代が642曲収録されています。(ひとつの曲の中にある各楽章を1曲として計上しています)

さすがにカラヤンはアルバムが多すぎますので検索する際には「Karajan」とともに聴きたい作曲者名や曲名も入力することをおすすめします。

ちなみにKarajan tchaikovskyで検索した結果が上記の写真です。70年代にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と録音した交響曲全集がトップに出てきます。晩年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と録音した高音質の後期交響曲も表示されます。(カラヤンの名盤「交響曲第6番」はこの1段下に表示されていました)

60年代のフィルハーモニア管弦楽団と録音した盤もあります。弦楽セレナードはもちろん3大バレエ音楽の抜粋アルバムも網羅されています。ピアノ協奏曲も名盤のほまれ高いリヒテル盤、キーシン盤もしっかり表示されていることも確認しました。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886〜1954)

Furtwängler」で検索したら数えきれないくらいのアルバムがヒットしてしまいました。改めて「Furtwängler beethoven no9」と入力し直してみましたが44枚のアルバムが表示されました。

フルトヴェングラー指揮のベートーヴェンの第9は全部で13の録音が残りましたが、その全てがアルバムとして発売されたわけではありません。アマゾン Music Unlimitedでは少なくとも有名な1951年のバイロイト音楽祭における録音はもちろん、ルツェルンにおける人生最後の録音も表示されました。

これ以外にもたくさんのアルバムが表示されています。数あるアルバムの中にはアルバムの発売時期が異なるものの録音内容は同じものがありますが、これを差し引いてもかなりの種類のアルバムが表示されます。

オットー・クレンペラー(1885〜1973)

クレンペラーも多くのアルバムが表示されてしまったためKlemperer mahler」で検索をかけてみました。クレンペラーのマーラーの録音は、交響曲が第2番、4番、7番、9番、大地の歌。歌曲は「亡き子をしのぶ歌」全曲と「リュッケルトによる5つの歌曲」から3曲、「子供の不思議な角笛」から2曲です。

全ての曲が表示されますが、やはり発売時期の異なるものの内容は同じ録音でのアルバムは混ざって表示されています。

レナード・バーンスタイン(1918〜90)

バーンスタインでは「Bernstein brahmsという検索をかけてみたら39枚のアルバムが表示されました。交響曲でいうと、60年代に録音したニューヨーク・フィルハーモニックを指揮したもの。および80年代のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とのものが全て表示されます

クレーメルを迎えてのヴァイオリン協奏曲、若きツィメルマンとのピアノ協奏曲も表示されています。ピアノ協奏曲といえばピアニストのグールドとバチバチに意見対立しながらもグールドを受け入れて作り上げた録音が表示されません。しかし「Gould brahms」で検索をやり直したら出てきました。求めているアルバムが表示されない場合は部分的には検索のやり直しが必要になります。

セルジウ・チェリビダッケ(1912〜1996)

最後にブルックナーを得意としたチェリビダッケを検索してみます。Celibidache bruckner」で検索してみましょう。ワーナー(元EMI)のミュンヘンフィルによる録音、グラモフォンから出ているシュトゥットガルト放送交響楽団による録音も表示されます。ソニークラシカルの録音も問題なく表示されました。

 

ピアニスト5人を検索

スヴァトスラフ・リヒテル
ウラディーミル・ホロヴィッツ
マルタ・アルゲリッチ
ダニエル・バレンボイム
辻井伸行

スヴァトスラフ・リヒテル

sviatoslav richter」で検索してみましたが、録音が残された作曲者がかなり多いことからリヒテルのレパートリーの豊富さがわかります。

  • ベートヴェンの後期ピアノソナタ集
  • バッハの平均律クラヴィーア曲集
  • シューベルトのピアノソナタ集
  • ハイドンのピアノソナタ集
  • ドヴォルザークのピアノ協奏曲
  • シューマンの幻想小曲集
  • ブラームスの小品集
  • チャイコフスキーのピアノ曲集
  • ショパンのピアノ曲集

他にも100種類を超えるアルバムが表示されます。

ウラディーミル・ホロヴィッツ

vladimir horowitz」で検索しました。「horowitz」だけの検索ですとドイツ人アーティスト(ジャンルはクラシックではない)の曲も表示されてしまいますので絞り込みが必要でした。ショパンをはじめベートーヴェンやシューマン、モーツァルト、リストなどと出でてきてレパートリーが広いことがわかります

マルタ・アルゲリッチ

Argerich」で検索した結果、ショパンやラヴェル、ラフマニノフなど多くの作曲家の演奏が表示されます。

ダニエル・バレンボイム

Barenboim」と検索してみました。ベートーヴェンやモーツァルト、シューベルト、ブラームスなどの古典派からロマン派にかけての作曲家の録音が豊富です。ピアニストとして活躍しながら指揮者としても多くの演奏を行っています。表示される数としてはピアニストとしてのアルバムが多めです。

辻井伸行

辻井伸行」で検索すると日本人ピアニストでありながら多くのアルバムが表示されます。ショパンの作品集やラヴェル、ドビュッシー、ベートーヴェン。チャイコフスキーやラフマニノフ、シューマンのピアノ協奏曲も表示されました。

 

検索ワード次第!スゴイ数のアルバムが表示

クラシック音楽を音楽サブスクで聴く際には、アマゾン Music Unlimitedがおすすめです。曲やアーティストなどの検索のやり方次第で無数のアルバムを探し出すことができるからです。この記事では実際にアマゾン Music Unlimitedで「指揮者」や「ソリスト」「有名な曲」などで検索をかけて実験してみました。

アマゾン Music Unlimitedは音質も文句なしのレベルです。ロスレス(CDの基準でみてロスのない音質)と、ハイレゾ(CDの音質を超える音質)でクラシック音楽を聴けるからです。

検索方法を工夫しながらアマゾン Music Unlimitedの中に埋もれているクラシック音楽の宝物を掘り出して存分に楽しんでみてくださいね。

 

 

Amazon ミュージック Unlimited【クラシック音楽】3つのおすすめの使い方とコツを解説

 

»【音楽サブスク】でクラシックを聴こう|おすすめ5選とメリット・デメリットを解説