アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方を解説します。

ベートーヴェン「交響曲第6番『田園』」【おすすめ名盤も解説】心をスッキリ晴れやかに

f:id:happy-alpaca:20190811182041j:plain

目の前に広がる自然

ベートーヴェンの心の風景

音楽が描く、広大な田園を思いっきり散策しよう! 


ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」 

(youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”)

 ベートーヴェンは自然が大好きで、日ごろウィーンの郊外を散策したり、夏の時期には田園風景が広がる地方の土地で日々を過ごしたりしていたそうです。

ベートーヴェンと言えば、音楽家としては致命傷ともいえる、難聴の深い苦しみの中で、作曲を続けたことで有名です。

きっと「田園」を散策しながら、たくさんのおいしい空気を思いっきり吸い込んで日ごろのままならない現実のストレスを癒やしていたのではないかなと想像します。

そして、自然への敬意とともに、草木との語らいや小川のささやきにも耳をかたむけて作曲に活かしていたのではないでしょうか。 

ベートーヴェン「交響曲第6番『田園』」解説

このような解説を見つけました。

彼の日課は、朝、空が白むと同時に起き、午後2時ごろまでぶっ通しで仕事をしてから、大好きな散歩に出かけるというもので、この散歩は、たいてい夕方まで、時には夜中まで続くこともあったという。 

 この曲は、そうした彼の自然に対する愛と感謝の気持ちを音楽にしたものといってよく、彼が生涯その自然を愛でたウィーン郊外のハイリゲンシュタットの森を散策しながら書かれたのであった。略)

小川のせせらぎや、小鳥のさえずり、雷鳴といった自然の姿が音によって生き生きと描写され、たいへんわかりやすく、彼の交響曲のうちでも、特に親しみやすい音楽となっている。 

出典:志鳥栄八郎 著 「新版 不滅の名曲はこのCDで」p38より引用 

 さて、ではこの曲について書いていきますね。

ベートーヴェン「交響曲第6番『田園』」各楽章を解説

この曲は第1楽章から第6楽章までの6曲で成り立っています。

それでは、各楽章について解説したいと思います。

第1楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ ヘ長調 「いなかに着いたときの愉しい気持ちの目覚め」

静かな弦楽器の語りかけは「朝のはじまり」をイメージさせます。

さまざまな小鳥たちが、なき始め、太陽は明るく、田園を照らしはじめます。

「さあ、すばらしき一日のはじまりだ!」

と草木や動物たちも太陽の恵みを受けいれて謳歌します。

空気は澄んで、風は 田園をふき抜けます。 

第2楽章:アンダンテ・モルト・モッソ 変ロ長調 「小川のほとりのながめ」

小川は光を集めて反射しながら、うれしそうに踊る木の葉を運びます。

まるで、きのうまでの喧騒やら悩みやらをその清冽な水とともに流していってくれそうな…。

そんな、こころ洗われる一曲です。  

第3楽章:アレグロ ヘ長調  「いなかの人々の楽しい集まり」

一日のはじまりは、敬虔な祈りからはじまります。

作物を育てるという、尊き農作業にも、心がこもります。

そして、その日の仕事を終えたなら、みんなで、楽しく歌い、踊ります。

そんな「尊き仕事と楽しい時間、そして信じ合える仲間たち」にかこまれて過ごすことで、さまざまな悩みも、薄れていきます。

第4楽章:アレグロ ヘ短調 「雷雨と嵐」

穏やかな日々のなか、とつぜん襲う、はげしい雷雨と嵐が吹き荒れます。

せっかく育てた農作物をなぎ倒し、じょうぶな木々を押し倒さんばかりに揺らします。

農民たちは恐れ、おののき、ただただ嵐が去るのを願い、両手を組んで祈ります。

第5楽章:アレグレット へ長調 「嵐の後のうれしい感謝の気持ち 」

荒れくるった嵐は過ぎ去り、再び田園におだやかな陽光がふりそそぎはじめます。

小川の流れも、静かなものに姿を変えて人や動物たちに、その恵みを与えはじめます。

田園の人びとは喜び、歌い、自然をたたえながら平和な毎日を取りもどすのです。

 

f:id:happy-alpaca:20190812122631j:plain 

以上、簡単にこの曲のイメージを書いてみました。 

ベートーヴェン「交響曲第6番『田園』」名盤を紹介

この「田園交響曲」には数多い名盤が存在していて、目移りしてしまうほど、アルバムの選び方が大変。(うれしい悩みですね)

では、あえてその中から2枚ほど、紹介させていただきますね。

ブルーノ・ワルター 指揮 コロンビア交響楽団

クラシック音楽の好きな方たちの間では、昔から「名盤」と呼ばれていましたよね。
その輝きはいまもって色あせることはありません。

いや、むしろ、時代を重ねるにしたがって、せせこましく暗くなっていく現代、ブルーノ・ワルターの「田園」は、ただただ、輝きを増すばかりですね。

とくに第1楽章はあたかも田園の風景が目の前に限りなく広がるのを感じます。

それはブルーノ・ワルターの持つ人間としてのふところの深さや、やさしさの表れなのだと思います。

最終楽章も秀逸ですね。

まさしく「田園」という名のドラマのクライマックスにふさわしい壮大であたたかい最終楽章を聴かせてくれるのですから。

ヘルベルト・ブロムシュテット 指揮 シュターツカペレ・ドレスデン

初めて「田園交響曲」を聴いたのは、はたちくらいだったかな。

ブルーノ・ワルターの演奏をCDで聴き続けてきて、それで長いこと満足しきっていたため、その他の方の演奏を聴いてきませんでした。

「でも、やっぱり他にも聴いておいたほうがいいかな。」と思って買ったのがこのヘルベルト・ブロムシュテット指揮の演奏盤。

ワルターの演奏と比べると、曲の流れがスッキリとまとまってスマートです。

ところどころ各楽器の小さなニュアンスと言いますか表現に「歌」が感じられていいのですね。

さて、アルパカとしては、以上2枚を聴いてみて、やっぱりどちらかと言うとワルターの演奏した方が好きかもしれませんね。 

全体に低音のしっかりした骨太な演奏でありながら、やさしさや思いやりに満ちていて「これぞワルターの真骨頂」とでも言える演奏ですね。

このワルターとコロンビア交響楽団のみずみずしい感性重視の演奏から、少し気分を変えたいときには、ブロムシュテット指揮のスッキリとした、スマートな演奏を聴くのもありですよね。 

「歌のこころ」という意味では、ワルターもブロムシュテットも甲乙つけがたいほど「歌って」ますよ〜♬

まとめ ベートーヴェン「交響曲第6番『田園』」 

ベートーヴェンの「田園交響曲」は、まるで、写真か絵画を眺めるような感覚で聴くことのできる素晴らしい一曲です

私たちも、旅行のときの気持ちのいい田園散策のときにそっとイヤホンを耳にして、ベートーヴェンの気持ちを想像するのも愉(たの)しいものです。   

さて、名盤の紹介と解説はいかがでしたか? 

『ひとつの曲で、

たくさんな、楽しみが満喫できる。

それが、クラシック音楽の、醍醐味ですよね。』

 

今回は、以上になります。  

最後まで読みいただきありがとうございました。

 

↓ベートーヴェンで癒やされたいときに… 

↓牧歌的な交響曲2つ 

 

www.alpacablog.jp