アルパカと聴く幸福なクラシック

クラシック音楽が大好きなアルパカが名盤を解説します。曲のなりたちや魅力、おすすめの聴き方もお伝えしますよ♫

秋に聴きたい【おすすめクラシック15選】

クラシック音楽って【物語】

サティ:3つのジムノペディ【解説と3つの名盤|感想】意味は…?不思議な感情…絶え間なし…♫

f:id:happy-alpaca:20210728064206j:plain

ポロン、ポロン…♫

ポロン、ポロン…♫

優しく響いて、風変わり…

www.youtube.com

(youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”) 

 

サティ《3つのジムノペディ》…。

 

奇妙…とは違う…。

妄想…とも違う…。

 

そう、なんとなくだけど…

 

 

素朴で静か…

 

 

そう、今回は「不思議な魅力が、そこはかとなく漂う…」サティ《3つのジムノペディ》、解説とおすすめ名盤を紹介です。

 

【ここをクリックすると名盤の解説へ飛びます】

【解説】サティ:3つのジムノペディ

f:id:happy-alpaca:20210714111029j:plain

サティ《3つのジムノペディ》の、こんな解説があります。  

Iは風変りな男だった そして 格別早熟だった。上野(音楽学校)に入学してから、朝の教室で先生がくるのを待つ間、かわりばんこにピアノを弾いて遊んだものだった。(中略)

Iはとても静かに《ジムノペディ》を弾くのだった(中略)

Iは3年生のXマスの夜、玉川で投身自殺した。太宰治の影響だ。ぼくの家で新年会をやっている時に死体が上った。1月6日だったかしら……。

悲しい、寂しい新年会になった。 こんな時、《ジムノペディ》が彼のピアノで聴きたいと思うのである

出典:諸井誠 著 「ピアノ名曲名盤100」P176より引用

 

なんとも説明のつかない

  • 不安で
  • 切なくて…
  • さみしくて…

 

そんな感情は確かに存在してるのに、それがどこから来るのかも分からずに、心は乱れ、揺れ動く…。

 

どこから来るのかが分かれば、やってくる直前に追い払うことが出来るのに…。

 

…?…って…その感情、どうやったら追い払えるというの…?

 

  • いっそ、お酒を飲みまくる?
  • いっそ、異性を考える?
  • いっそ、うまいもん、食べまくる…?

 

いやあ、

でも、

そんなことをしてみても…

 

「満足感」はいずれ…消える…。

そして、再び姿を現してくるよ…

 

  • 不安気で
  • 切なくて…
  • さみしくて…

 

…の感情は…。

 

「よっ…久しぶり…」。

 

…くらいの感じで…。

 

みやげ物でも持って訪れる

 

友だちみたいな軽いノリで…。

 

「嫌なヤツ…」…

そんなことを、心で思う…

 

そして、いたしかたなく受け入れる…

 

そうか…?

 

いっそ…ほほえみを持って受け入れよう…

 

夜の静寂(しじま)の孤独な時に…。

 

 

 

さあ、流そう…サティ《3つのジムノペディ》…。

 

そして、迎えよう…そっと静かに微笑んで…

 

 

  • 不安気で
  • 切なくて…
  • さみしくて…

 

…の感情を…。

 

【作曲の背景と物語】サティ:3つのジムノペディ

物語

 

「退屈だな…」 

 

たったそれだけの理由でサティは、パリ音楽院、退学を決意します。

1886年、サティが20歳の時でした。

 

「パリ音楽院を退学すること」…それは、音楽家としてのエリートコースを捨てることに等しいことでした。

  • 形式にしたがうのは息苦しい
  • 伝統を守るのは窮屈だ
  • 俺の音楽はどうあるべきか…

そんなうっ屈した思いを持って、サティはモンマルトルの街をさまよいます。

そして、当時の

  • 画家
  • 詩人
  • 音楽家

そんな芸術家や文化人が足を運ぶ、キャバレー「黒猫」で働き始めるサティ。

 

その環境に身をおきながら過ごす中で、本来のサティが持つ芸術性が開花していきます。

 

そして、作曲されたのが《3つのジムノペディ》だったわけです。

ジムノペデイ「その意味は?」

ところで《ジムノペディ》とはどういった意味なのでしょう?

そのもとは、古代ギリシアにその由来があります。

つまり、

ギリシャにおける

  • 芸術、芸能の神《アポロン》
  • お酒の神《バッカス》

などの、神々をたたえる祭典「ギュムノパイディア」。

この祭典が《ジムノペディ》の題名の由来になっています。

 

サティは「ギュムノパイディア」の様を描いた古代の壺を見て、インスピレーションを得ます。

そして作曲されたのが《3つのジムノペディ》というわけです。

 

また一節では、ギュスターヴ・フローベールの小説《サランボー》に刺激を受けて作曲したのでは…とも言われています。

【そこはかとない曲解説】サティ:3つのジムノペディ

f:id:happy-alpaca:20210714111053j:plain

第1曲

ポロン、ポロン…♫ 

ポロン、ポロン…♫ 

ポロン、ポロン…♫ 

 

不思議な気持ちが、

ポロン、ポロン…♫ 

 

優しい思いで、

ポロン、ポロン…♫ 

 

澄んだ気持ちを、

ポロン、ポロン…♫ 

 

乗せるよ、乗せる…

ピアノは乗せる、

 

第2曲

「あれ…?」

第2曲目はいつの間に始まった…?

気づかぬうちに始まった…。

ま、いいか…。

なんとも言えない心地よさ…♫  

第3曲

凪(な)いで静かな海のよな…

水が深くて、深すぎて…

でもだからこそ、青、深し…。

 

さあさ、海と、交わろう…

 

ポロン…と、

不安なその気持ち…♫ 

 

ポロン…と、

切ないその思い…♫ 

 

 

ポロン…と、

さみしいその記憶…♫

 

ポロン…♫ 

ポロン…♫ 

 

ポロン…♫ 

ポロン…♫ 

 

ポロン…♫ 

ポロン…♫ 

 

【3枚の澄み切った名盤】サティ《3つのジムノペディ》

f:id:happy-alpaca:20210728064135j:plain

フィリップ・アントルモン:ピアノ 

【30日間無料体験】amazonミュージックUnlimitedで聴けます♫

 

アルパカのおすすめ度★★★★★

【名盤の解説】

  • きれいさ 
  • 優しさ
  • そして、気だるさ…

とてもバランスのいい名盤…♫

風の気持ちのいい、でも、ほんの少し憂うつでもある午後に聴きたい…。

そんな名盤…。 

パスカル・ロジェ:ピアノ

【30日間無料体験】amazonミュージックUnlimitedで聴けます♫

 

アルパカのおすすめ度★★★★★

【名盤の解説】

洗練されたピアニズムとフレッシュな感性がほとばしる。

でも、そんな情感を隠して展開するニクい名盤…。

ウツウツとして、クサクサした、そんなわずらわしい感情をそっとふき清めてくれるよな…。

アルド・チッコリーニ:ピアノ 

【30日間無料体験】amazonミュージックUnlimitedで聴けます♫

 

アルパカのおすすめ度★★★★★

【名盤の解説】

  • 皮肉っぽく…
  • ねじれた感情…
  • でも、それが可愛らしい…

そんな名盤…。

ある意味もっともフランス人ピアニストらしく、もてあそぶようなユーモアさえ感じられる名盤でも、また、ありますね。

 

【無料体験】amazonミュージックUnlimitedの解説はコチラです 

 

【まとめ】サティ《3つのジムノペディ》

f:id:happy-alpaca:20210714111201j:plain 

さて、サティ《3つのジムノペディ》の解説とおすすめ名盤はいかがでしたか?

 

現代社会はそこらじゅうで競い合いが行われて

 

  • 疲れる…
  • ダルい…
  • ウツ状態…

 

そんな気持ちを抱えて生きてる人も多いものです。

 

まあ、かく言う私、アルパカ自身の心もそんな風景で覆われることもなくなない…。

 

まあ、ともあれ、たまにはノンビリと静かに時を過ごしたいものですね…。

 

「ふうう…。。。

 

ジムノペディでも聴くか…♫」

 

 

 

 

ポチッ…!

 

 

 

 

そんなわけで…

 

『ひとつの曲で、

 

たくさんな、楽しみが満喫できる。

 

それが、クラシック音楽の、醍醐味ですよね。』

 

今回は、以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事↓ 

フランス人作曲家のピアノ作品…イイね…。。。  

www.alpacablog.jp 

www.alpacablog.jp

www.alpacablog.jp

 

ノンビリとアンニュイな気分で、雨の音を楽しもう…♫ 

www.alpacablog.jp

 

 

www.alpacablog.jp